スポンサーリンク

【WWE】The Revivalが年俸70万ドル以上の残留オファーを断ったと報じられる。「すぐにでも退団する準備ができている」?

ニュース

2019年にリリースを要求したと報じられたThe Revival(スコット・ドーソン&ダッシュ・ワイルダー)。この願いはWWE側に拒否されましたが、今年も不穏な気配を見せています。

1月31日、レスリング・オブザーバーのブライアン・アルバレスはRevivalが再びリリースを要求したと報じました。そして今日、BodyslumのCassidy Haynesは、WWEはRevivalに年俸70万ドル以上(The OC以上の内容)の残留オファーを出したものの、2人はこれを断ったというスクープを発表。Haynesは「2人はすぐにでも退団する準備ができている」「両者の間で多くのやり取りがある」という情報筋の証言を紹介しています。

【WWE】ブラウン・ストローマン、カール・アンダーソン、ルーク・ギャローズの契約状況
WWEのブラウン・ストローマンが7月に団体と新たに大型契約を結んでいたとレスリング・オブザーバーが伝えています。 オブザーバーによれば、ストローマンの契約は単年120万ドルの4年契約とのこと。かなりの大型契約です。 また...

報道によれば、2人の契約が切れるタイミングは、ドーソンが4月、ワイルダーが6月とのこと。ワイルダーが6月なのは、WWEが彼の欠場期間の分だけ契約を延長したからです。

(Fightful, Wrestling Observer, Bodyslum)

あわせて読みたい

【新日本プロレス】チェーズ・オーエンズが新たに複数年契約を結び残留
■UPDATE(2020/02/01 15:05): オーエンズは2月1日から新日本プロレスと新たに複数年契約を結んだことをTwitterで発表しました。 以下の内容は「チェーズ・オーエンズが2019年に結んだフルタイム契約の...
【WWE】マット・リドルがロイヤルランブル・マッチであっという間にイリミネートされたのはバックステージ・ヒートが原因だと報じられる
現地時間1月26日に開催されたPPV"Royal Rumble"。メインイベントは男子ロイヤルランブル・マッチでした。この試合に出場したマット・リドルについて、興味深い話が出回っています。 23番目の男として登場したリドルは登...
タイトルとURLをコピーしました