スポンサーリンク

ジョン・モクスリーが「新日本プロレスとAEW」「海野翔太」について語る

インタビュー

AEWとフルタイム契約を結んでいながら新日本プロレスにも参戦し、IWGP US王座を保持しているジョン・モクスリーがインタビューで新日本について語りました。

新日本プロレスとAEWについて

御存知の通り、AEWはTHE ELITEを中心に旗揚げされた団体です。ELITEメンバーは新日本でも実績を残しており、特にケニー・オメガはBullet Clubの3代目リーダーとして団体の海外人気拡大に大きく貢献しました。さらに、AEWとフルタイム契約を結んでいるジョン・モクスリーとクリス・ジェリコが新日本に参戦しています。これらのことから、両団体の提携を望んでいるファンは少なくありません。

レッスルマニア14での棚橋弘至戦の後、ジェリコはバックステージで両団体の提携を望んでいることを明かしました。モクスリーはどう考えているのでしょうか?

新日本は日本の、AEWはアメリカの団体だ。ビジネスモデルも基盤も違うよ。必ずしも密な関係を築いたりする必要はないと思うし、扉が開かれているのか、閉じられているのか、網戸があるのかもわからない。ただ、俺は入口を見つけた。俺が入りたいと思うなら、何であれ通り抜けられるんだ。すべて順調だよ。

自分のやりたいことができればOKといった感じですね。

海野翔太について

2019年のG1 CLIMAXに参戦するにあたって、モクスリーはヤングライオンの海野翔太をタッグパートナー兼セコンドに指名し、”SHOOTER”と呼んで可愛がりました。海外遠征中の彼についてはどう考えているのでしょうか。

新日本のユニットに所属しているわけじゃないんだけど、毎晩タッグパートナーが必要だったんだよね。完璧にうまくいったよ。聞いた話では、彼は今イギリスにいて、充実した日々を送っているらしい。いつかビッグスターになって戻ってくることを願っているよ。俺が年老いて、それでも金が必要になった時、助けてくれるかもしれないだろ?

(Fightful)

あわせて読みたい

新日本プロレスとAEWの関係は「考えられていた以上に悪い?」
2020年1月5日に開催された新日本プロレス「レッスルキングダム14」で棚橋弘至と対戦したクリス・ジェリコは、自身が保持するAEW世界王座のベルトを巻いて登場しました。ジェリコは、もし棚橋が試合に勝てば、同王座への挑戦権を与えると宣言。新日...
ジェフ・コブがヒールターンしてAEWに登場!ジョン・モクスリーにツアー・オブ・ジ・アイランドをお見舞いする
アマレスの元オリンピック選手(ハワイ代表でアテネオリンピックに出場)で、新日本プロレスでの活躍でも知られるジェフ・コブがAEWに! 現地時間2月12日放送のAEW・Dynamiteの放送中、ジェフ・コブの紹介ビデオが流れました...
タイトルとURLをコピーしました