スポンサーリンク

【AEW】ジェイク・ロバーツが「AEWとWWEの違い」「トニー・カーン」「ランス・アーチャー & Codyのアングル」について語る

インタビュー

今ではありふれた技となった”DDT”の開発者で、WWE殿堂入りレスラーでもあるジェイク・ロバーツ。現在はランス・アーチャーのマネージャー的存在としてAEW・Dynamiteに出演中です。

ロバーツはSportskeedaのインタビューの中でAEWについて語っています。一部を紹介します。

トニー・カーンについて

実際に「彼を呼びたい」と言ったのはカーンだったんだ。これは最高の賛辞だよ。ただ、俺の予想とは違っていてね。ダラス(・ペイジ)かダスティン(・ローデス)を通じて声がかかると思ってたんだけど、そうじゃなかった。カーンが呼んでくれたんだ。

重度のアルコール中毒からの更生を手助けしてくれたDDPにも感謝の言葉を述べていましたが、プヲタの社長の意志が強く働いていたのですね。

ランス・アーチャー & Codyのアングルについて

また、ロバーツは現在関与しているアングルについても語りました。

“Double or Nothing”(AEW旗揚げ興行)ではちょっとしたディーラーの役割をやったんだけど、あれは彼らがやっていることのためにカードを配っただけのいいものだった。でも、このアングル(アーチャーとCodyの抗争)に誘われたことは、もっと大きなことだった。これはビッグなものになるよ。まだ始まったばかりで、どう発展していくかはわからないけどね。

Codyのセコンドに付いているのはアーン・アンダーソンです。往年の名レスラー同士のやりとりにも注目ですね。

AEWのクリエイティブについて

また、ロバーツはAEWの番組作りについても言及しています。

彼らのやり方はオールドスクールなものだ。私の好きなスタイルだね。期待感を煽り続けるんだよ。WWEのように、ショーの最初で期待を煽り、それをその日の最後までに終わらせるのではなくてね(笑)時間をかけてきちんと作っていくから、人々の記憶に残るんだ。

CodyとMJFの抗争はかなり時間をかけて構築され、前哨戦の段階でファンの期待感は爆発していました。現在は、ハングマン・ペイジのヒールターンがほのめかされている状態です。WWEでもやっていることだとは思いますが、AEWのやり方のほうが好みみたいですね。

ロバーツのAEWでの活躍が楽しみです。AAへのDDT、AAからのスパインバスター……実現したらオールドファンは爆発するでしょう。

ランス・アーチャーのAEWデビュー戦が来週のDynamiteで行われることに
2月下旬にAEWと契約を結び、その後のDynamiteには登場こそするものの試合をしてこなかったランス・アーチャー。現地時間4月1日放送のDynamiteでデビュー戦が行われることになりました。 対戦相手が誰になるのかは現時点...

あわせて読みたい

【AEW】ダービー・アリンがセブン・イレブンでコフィン・ドロップ
AEW所属のサミー・ゲバラがYoutubeにこんな動画をアップしました。 ゲバラが友人とセブンイレブンで買い物をしていると、レジで会計をしているアリンを発見。ゲバラは友人にアリンを襲撃するように説得したのですが……。 ...
【WWE】レッスルマニア36を「延期させたくなかった」のはビンス・マクマホンだけ?
プロレス界最大のイベント、レッスルマニア36は無観客での開催になりました。現役スーパースターの中にはイベントの延期を望んでいる者も多いと報じられている中、延期という選択肢が選ばれなかったのは、ビンス・マクマホンの意向が働いたからだとPWIn...
タイトルとURLをコピーしました