スポンサーリンク

クリス・ジェリコがWWEからリストラされたレスラーたちについて語る。「確信していることがある」

インタビュー

4月15日、WWEは大規模なリストラを敢行しました。多くの職員が解雇・もしくは一時解雇処分となり、新たな職場を探すことに。

AEWのクリス・ジェリコは、リストラ、そして職を失ったレスラーたちについて、こう語っています。

彼らの多くが別の団体にピックアップされることを願っているよ。

海外に行かなければならないレスラーもいるかもしれないね。AEWが何を計画しているのか、俺は知らない。専門分野じゃない。ただ、確信していることがある。みんな行くべき場所に着陸するだろう、ってことだ。そんなもんさ。

AEWはリストラ前にWWEからリリースされたThe Revolt(FTR ダックス・ハーウッド & キャッシュ・ウィーラー)の参戦を匂わせ、リストラされたカール・アンダーソンは新日本プロレスへの復帰を仄めかしています。確かに、行くべき場所に行くことになるのかも……。

(Wrestling-Edge)

あわせて読みたい

【ROH】マーティ・スカルがROHとAEWの将来的な提携の可能性を語る
2020年1月にROHのヘッドブッカーに就任したマーティ・スカル。ROHの公式Podcast番組に出演した際、新型コロナウイルスが原因で5月末までの全イベントをキャンセルするという苦渋の決断について語っていましたが、他にも興味深い話題に言及...
【新日本プロレス】ランス・アーチャーがAEWとの契約を決意したのは「レッスルキングダム14」より前だった
2020年2月、AEWはランス・アーチャーの入団を発表しました。2019年のG1 CLIMAX以降、株を上げていたアーチャーが今後の活動の場に選んだのは新日本プロレスではなく、大型レスラーが不足していた若い団体だったのです。 ...
タイトルとURLをコピーしました