スポンサーリンク

【新日本プロレス】ランス・アーチャーがAEWとの契約を決意したのは「レッスルキングダム14」より前だった

ニュース

2020年2月、AEWはランス・アーチャーの入団を発表しました。2019年のG1 CLIMAX以降、株を上げていたアーチャーが今後の活動の場に選んだのは新日本プロレスではなく、大型レスラーが不足していた若い団体だったのです。

ランス・アーチャーがAEW入団
AEWと接触していることが報じられていたランス・アーチャーがAEW入団したことが明らかになりました。 ここ数週間、アーチャーは複数の団体の名前をTwitterでつぶやき、ファンをからかっていましたが、結局、大型レスラー...

この件について、興味深い話があります。TalkSportのアレックス・マッカーシーによれば、アーチャーがAEWとの契約を決意したのは2020年1月4日の「レッスルキングダム14」でのジョン・モクスリー戦よりも前だったそうです。

本人から聞いた話のようなので、信憑性は高いでしょう。彼はいくつかの団体からオファーを受けていたそうですが、AEWが最も熱心だったとか。レスラーから上層部まで、様々な人物が交渉にあたったそうです。

モクスリーとの試合はIWGP USヘビー級王座のタイトルマッチでした。壮絶なデスマッチを制したのはモクスリー。今、2人はAEWで活動しています。いつかこの試合がストーリーに組み込まれることがあるかもしれません。

あわせて読みたい

【WWE】6月に開催予定のマディソン・スクエア・ガーデン大会が延期に
ニューヨーク州はアメリカの中で最も新型コロナウイルスの感染拡大が深刻な州です。WWEは2020年3月22日に開催予定だったニューヨークのマディソン・スクエア・ガーデンでのハウスショーを6月27日に延期していたのですが……。 今...
【新日本プロレス】ジョン・モクスリーが海野翔太を語る「大スターに、日本のキングになってほしい」
AEW世界王座、そしてIWGP USヘビー級王座の二冠王者であり、海野翔太の師匠的存在であるジョン・モクスリー。 2019年の夏、モクスリーはG1 CLIMAXに参戦しました。その時、タッグパートナーに海野を抜擢し、"Shoo...
タイトルとURLをコピーしました