スポンサーリンク

【WWE】退団したドリュー・グラックには復帰の可能性も

ニュース

先日、元NXTクルーザーウェイト級王者のドリュー・グラックがWWEとの契約を満了し、退団したことが明らかになりました。グラックが昇給を求めたものの、WWEがそれを拒んだのが退団に至った主な理由とされています。

【WWE】ドリュー・グラックが契約切れで退団。期限前に交渉まとまらず
衝撃的……。 報道によれば、WWEスーパースターのドリュー・グラックが団体を去ったそうです。現在、彼のプロフィールはWWE.comも退団者セクションに移されています。 一体何があったのでしょうか?その詳細...

彼は契約を途中で破棄したわけではないため、90日間の競業避止義務が課せられません。すぐにでも他団体のショーに出場することができます。

しかし、レスリング・オブザーバーによれば、今回の契約満了は両者の永遠の別れを意味するものではないそうです。ゴールドバーグやケニー・オメガなど、多数のプロレスラーのエージェントを務めているバリー・ブルーム氏がWWEとの交渉を行っているとのこと。

DDTが真のマスター・オブ・パワーポイントを決める戦いを実現させるのが先か、WWE復帰が先か?

(Wrestling Observer)

あわせて読みたい

ジョン・モクスリーが「AEWのクリエイティブ」「WWEの優秀なプロデューサー」を語る
2019年4月にWWEを退団し、AEWとフルタイム契約を結んだジョン・モクスリー。WWEとは異なるスタイルで番組制作を行っているAEWでの活動は快適なようです。 Fightfulのインタビューに応じたモクスリーは、AEWのクリ...
【AEW】ブロディ・リー(ルーク・ハーパー)が語るAEW入団。「プロレスが得意なんだと分かった気がしている」
2019年4月に所属団体のWWEに対してリリースを要求したものの受け入れられず、同年12月にようやく退団が実現したブロディ・リー(元ルーク・ハーパー)。現在は"The Dark Order"のリーダーとしてAEWで存在感を示しています。 ...
タイトルとURLをコピーしました