スポンサーリンク

【WWE】アレクサ・ブリスが語る脳震盪の恐ろしさ。「治るのを祈るだけではダメ」

インタビュー

WWEスーパースターの中でも屈指の人気を誇るアレクサ・ブリス。彼女は過去に引退が囁かれたことがあります。

2018年、彼女は短期間に複数回脳震盪を起こしてしまいました。約5ヶ月間もそれ以前のような活動ができなかったため、「引退するのではないか」という噂が何度も流れました。

BT Sportのインタビューの中で、彼女は当時を振り返り、こう語っています。

またリングに戻ることができるかどうか分からなかったし、とても恐ろしかった。多くのWWEスーパースターが脳震盪を原因に引退しなければならなかったわけですから。

脳震盪はとても危険です。治癒するのに1週間かかることもあれば、1年かかることもあります。脳を包帯で包んで治るのを祈るだけではダメなんです。

2019年の”Royal Rumble”で復帰したブリスは、ニッキー・クロスとタッグチームを結成し、タッグ戦線を軸に活動しています。毎週試合をできるような状態に回復するまでに時間はかかりましたが、復帰して今も活動できているだけ、彼女は幸運だったのです。

(SESCOOPS)

あわせて読みたい

【AEW】"Double or Nothing"でのマット・ハーディが「溺れさせられる」シーンに対する批判の声。クリス・ジェリコはどう考える
現地時間5月23日に放送されたAEWのPPV"Double or Nothing"のメインイベント「スタンピード・マッチ」は、TIAAバンク・フィールドというフットボール・スタジアムで行われました。その中で、サンタナ & オルティス...
WWEがコロナウイルス検査を行わないことについて、ショックを受けている従業員がいると報じられる
新型コロナウイルスのパンデミックに対する各団体の対策は異なっています。 AEWのレスラーたちは血液中の抗体を検出するラピッドテストを受けているそうです。副社長のCodyによれば、ラピッドテストの結果が陽性だった場合、最初の検査...
タイトルとURLをコピーしました