スポンサーリンク

【AEW】”Double or Nothing”でのマット・ハーディが「溺れさせられる」シーンに対する批判の声。クリス・ジェリコはどう考える

ニュース インタビュー

現地時間5月23日に放送されたAEWのPPV”Double or Nothing”のメインイベント「スタンピード・マッチ」は、TIAAバンク・フィールドというフットボール・スタジアムで行われました。その中で、サンタナ & オルティスがマット・ハーディをプールで「溺れさせようとする」シーンがあり、これについての批判の声が上がっています。

なぜこのシーンが批判されているのか?その背景にはある1人のレスラーの死があります。5月17日、元WWEスーパースターのシャド・ガスパードが亡くなりました。死因は溺死。ビーチで遊泳中に波にのまれて沖に流されてしまったそうです。

元WWEレスラーのシャド・ガスパードさん、遺体で見つかる 米加州のビーチ
米プロレス団体WWEで活躍した元レスラーのシャド・ガスパードさん(39)が20日朝、米カリフォルニア州の海岸で遺体で発見された。ガスパードさんは3日前に泳ぎに出かけた後、行方が分からなくなっていた。

つまり、これはガスパードの死と同じ週に元WWEスーパースターが「溺れさせられる」シーンを放送したことについての批判なのです。

この件について、クリス・ジェリコはこう語っています。

(該当シーンへの)反感は不要なものではなかった。[…]俺たちは誰一人としてそのことについて考えたことはない。俺は一度もないよ。

振り返ってみれば、言ってはいけないことがいくつかあった。でも、あのスポット自体は、マットは長い間そうしてきたからね。悪意を持って無礼なことをしようとしたわけじゃない。[…]後になるまで気づかなかったことについては、今後そのことをもっと認識する必要がある。

でも、実際のところ、シャドはあの試合を楽しんでくれると思うよ。あの手の滑稽なものを楽しむやつだからね。

(Wrestling Inc)

あわせて読みたい

【AEW】クリス・ジェリコがマイク・タイソンとの抗争を語る。「これは俺の人生だ。俺のストーリーだ」
AEW・Dynamiteの最新回では、クリス・ジェリコとマイク・タイソンの抗争の発端になりそうなセグメントが放送されました。 ESPNのインタビューに応じたジェリコは、タイソンとの抗争について語りました。一部を紹介しま...
【WWE】AJスタイルズのSmackDown移籍は「ギャローズ & アンダーソンの解雇」が原因だった
2020年4月、WWEは大リストラを敢行しました。人件費削減のために多くのレスラーが職を失い、その中にはルーク・ギャローズとカール・アンダーソンも含まれていました。 2人の解雇は、行動を共にしてきたAJスタイルズに大きな影響を...
タイトルとURLをコピーしました