スポンサーリンク

【AEW】異色のキャラクターを持つオレンジ・キャシディについて、Dynamite放送局はどう考えているのか?社長トニー・カーンが明かす

ニュース

スポーツライクなプロレスを標榜するAEWにおける最も異色なキャラクターは間違いなくオレンジ・キャシディでしょう。高い身体能力を持ちながら、普段はデニムのポケットに両手を入れてやる気なさげに振る舞うイケメンです。

ORANGE CASSIDY TRIED AT AEW REVOLUTION | ORDER THE REPLAY NOW

AEWが彼との契約を発表した時、一部からは「スポーツライクの方針とは異なる」ということを理由に異論も出ました。レスリング・オブザーバーのデイブ・メルツァーは、次のようにコメントしていました。

彼はAEWの矢野通になる可能性もある。しかし、矢野の存在は、比較的シリアスな新日本プロレスという団体の中でこそ機能するのだ。新日本のアメリカ興行で彼が歓声を浴びるのは、観客が長年新日本をチェックしているからだ。一方で、新団体のAEWにとっては、少なくとも最初の数カ月間は新たな視聴者たちに対してブランドとプロダクトを確立することが重要だ。

結局、メルツァーのこの意見は杞憂に終わりました。キャシディはファンからの支持を集め、同僚のプロレスラーたちからも高く評価されています。

また、社長のトニー・カーンによればDynamiteを放送するケーブルテレビ局TNTも彼のことを評価しているそうです。最新のインタビューの中で、カーンはキャシディについて次のように語っています。

彼は(契約前から)明らかにファンを抱えていたけど、我々はそのことを最初から意識していたわけではないし、大きな計画を用意していたわけでもありません。”Double or Nothing”(旗揚げ興行)の後、私はオレンジ・キャシディと多くの時間を過ごし、彼のことをよく知るようになり、アイデアについても話すようになった。我々にとって多くの扉が開かれました。

彼はとても頭がいいんです。マルチな才能を持っていて、チーム・プレーヤーで、できるだけ他のレスラーを良く見せようとします。何よりも重要なことは、彼の仕事がフェノメナールだってことですね。素晴らしいレスラーですよ。

彼は組織的に売れっ子になる、とても評価の高いセグメントにも出演しています。TNTは彼のことを愛していると言っても過言ではないでしょう。

今後の活躍にも注目です。

(ESPN)

あわせて読みたい

マイク・ケネリスが語るWWEからの解雇、そして今後。「プロレスラーになりたい」
2020年4月にWWEが敢行した大規模なリストラ。以前から団体に対して不満を抱いていたマイク・ケネリス、そして妻のマリアも解雇の対象になりました。 ROHの公式Podcast番組に出演した2人は、WWE時代や解雇について語りま...
【WWE】一時解雇されていたプロデューサーのランス・ストームが正式に解雇される
2020年4月、WWEは大規模なリストラを敢行しました。ルセフら現役レスラーたちの他にも多くのプロデューサーが一時解雇になり、彼らの中には団体に復帰した者もいた一方で、そのまま解雇になるケースもあります。 2019年8月にイン...
タイトルとURLをコピーしました