スポンサーリンク

EC3がインパクト・レスリングでの活動を終了。今後はROHに専念

ニュース

2020年4月、WWEは過去最大規模のリストラを敢行しました。メインロースター昇格後に活躍の機会を失っていたEC3もその中に含まれていました。

退団後、彼は古巣インパクト・レスリングに参戦。現地時間10月24日開催のPPV”Bound For Glory”では、ムースと映画的な試合を行いました。

Fightfulによれば、彼のインパクトでの仕事はこの試合が最後だったそうです。試合数としてはこの1試合だけとなります。

今後はROHでの活動に専念することになります。いつまで参戦するかは不明ですが、年内はROHで活動するものと思われます。

恵まれない時期が長かっただけに、なんとか活躍の場を見つけてほしいところですね。

(Figutful、Wrestling-Egde)

あわせて読みたい

WWEが「コーディ・ローデス」の商標を放棄する
AEWの副社長を務めるCodyは、WWE退団後にWWE時代のリングネームだった「Cody Rhodes(コーディ・ローデス)」の商標をめぐってWWEとの闘いを続けてきました。 WWE側の商標が切れた2020年初頭、彼は「Cod...
アレックス・シェリーが語る「意図的にフリーランスでいる理由」
人気レスラー、アレックス・シェリーは、2018年に一度現役を引退したものの、現在はインパクト・レスリングを中心にインディシーンで活躍しています。 復活後のシェリーは様々な団体に参戦しています。2020年1月にはNXTで...
タイトルとURLをコピーしました