スポンサーリンク

仕掛け人ドン・キャリスが語る「新日本プロレスでのケニー・オメガ VS クリス・ジェリコが業界に与えた影響」

ニュース

2018年の新日本プロレス「レッスルキングダム12」では、ケニー・オメガとクリス・ジェリコによるドリームマッチが実現しました。革命家と海千山千の大ベテランによるこの試合は、新日本プロレスワールドの登録者が急増しただけでなく、業界に大きな影響を与えました。

この試合を実現させたのは、当時新日本プロレスワールドの英語解説者を務めていたドン・キャリス(インパクト・レスリング副社長)です。キャリス、ケニー、ジェリコはカナダ・ウィニペグ出身。同郷の3人が大仕事を成し遂げたのでした。

この試合の影響力について、キャリスは次のように語っています。

俺のアイデアでジェリコ VS オメガの東京ドームでの試合を実行した。あの試合は、トニー・カーン(現AEW社長)という男に「プロレスで何かを起こせるかもしれない」と思わせた。俺たちはあの試合でAEWを生み出したんだ。

あのアイデアにジェリコという友人を巻き込んだのは、アイデアを成功させるためでも、彼が大スターだからでもない。俺の友人だったからだ。

気づいたんだ。今、この業界の中で、俺は最も話題になっている非レスラーの人間で、ケニーは最も話題になっているレスラーだと。俺たちがやっていることがジェリコの利益につながるのなら、喜んで力を貸すよ。俺は友人や家族の力になりたい。

1つの試合が業界を大きく動かしたのですね。今後のキャリスの動向にも目が離せません。彼は……というよりも、インパクト・レスリングそのものがと言ったほうが良いのかもしれませんが、WWEの外側に地殻変動を起こすかも。

(ITR)

あわせて読みたい

【WWE】ライター陣が「適切な機会を与えられていない選手リスト」を作成。今後出番が増えそうなのは誰?
WWEには多くの選手が所属しています。単純にレスラーとしての実力があるだけではうまく行かない世界。中邑真輔をはじめ、セザーロ、リコシェ、エンジェル・ガルザ、アリスター・ブラックといった面々は「活躍してほしい」と願うファンが多く存在します。 ...
【Impact】ケニー・オメガがカール・アンダーソン&ドク・ギャローズと共闘!Hard to Killで元Bullet Clubトリオ結成へ
現地時間12月15日に放送されたインパクト・レスリング「Impact!」で、2021年1月開催のPPV「Hard to Kill」のカードが1つ決定しました。 先週の放送に引き続き、収録会場の外にバスを止め、中で待機していたケ...
タイトルとURLをコピーしました