スポンサーリンク

【AEW】ルチャ・ブラザーズ(ペンタ・エル・セド・ミエド&レイ・フェニックス)が新たな契約を結んでいたことが明らかに

ニュース

AEWの人気タッグチーム、ルチャ・ブラザーズが団体と新たな契約を結んでいたことが明らかになりました。

WrestleZoneによれば、ペンタ・エル・セド・ミエドとレイ・フェニックスの2人は、2020年8月31日に新たな契約にサインしたとのこと。この日は2019年にAEWと交わしていた契約が切れる日だったそうです。

レポートによれば、もともと2人はAEWから離れる気がなかったとのこと。新たな契約は単年契約のようです。

タッグ戦線が充実しているAEWにおいて、トップクラスのルチャドールである2人の存在は非常に心強いと言えるでしょう。フェニックスは12月30日放送のDynamiteでケニー・オメガの持つAEW世界王座に挑戦する予定です。

(WrestleZone)

あわせて読みたい

仕掛け人ドン・キャリスが語る「新日本プロレスでのケニー・オメガ VS クリス・ジェリコが業界に与えた影響」
2018年の新日本プロレス「レッスルキングダム12」では、ケニー・オメガとクリス・ジェリコによるドリームマッチが実現しました。革命家と海千山千の大ベテランによるこの試合は、新日本プロレスワールドの登録者が急増しただけでなく、業界に大きな影響...
【WWE】ライター陣が「適切な機会を与えられていない選手リスト」を作成。今後出番が増えそうなのは誰?
WWEには多くの選手が所属しています。単純にレスラーとしての実力があるだけではうまく行かない世界。中邑真輔をはじめ、セザーロ、リコシェ、エンジェル・ガルザ、アリスター・ブラックといった面々は「活躍してほしい」と願うファンが多く存在します。 ...

ランキング参加中。

人気ブログランキング

にほんブログ村

タイトルとURLをコピーしました