スポンサーリンク

AEWが第二のテレビ番組制作のために商標を出願?

ニュース

ウィークリー番組「Dynamite」と、Youtubeで配信されている番組「AEW Dark」の2番組を放送しているAEW。さらなる勢力拡大に向け、もう1つ新たな番組を作るかもしれません。

SESCOOPSによれば、AEWは12月16日に「AEW Elevation」という名称の商標を出願しました。利用説明には、「レスリング・プログラム及びイベント」「レスリング・プログラムの制作」という内容が含まれており、新番組に名称に利用可能であることが示されています。

Dynamiteはワーナーメディア傘下のケーブルテレビ局TNTで放送されています。放送開始直後のレイティングが好成績を記録したことから、AEWはTNTとの複数年契約を獲得し、さらに新番組を作ることも可能になりました。

AEW Darkも成功を収め、この番組をきっかけに新たなファンを獲得することにも成功しています。現在ではAEW Darkで10試合程度が放送されていますが、DynamiteとAEW Darkを足しても全ロースターに十分な機会が与えられている状態ではありません。

報道によれば、AEWの幹部は今後数カ月の間に新たな番組を作る計画があることを認めています。トニー・カーンによれば、新番組を2021年内に始動させたいと考えているようです。

(SESCOOPS)

あわせて読みたい

仕掛け人ドン・キャリスが語る「新日本プロレスでのケニー・オメガ VS クリス・ジェリコが業界に与えた影響」
2018年の新日本プロレス「レッスルキングダム12」では、ケニー・オメガとクリス・ジェリコによるドリームマッチが実現しました。革命家と海千山千の大ベテランによるこの試合は、新日本プロレスワールドの登録者が急増しただけでなく、業界に大きな影響...
【WWE】様々な問題を抱えているマット・リドル、新たな複数年契約の締結間近?
WWEの人気選手、マット・リドル。現在は「リドル」というリングネームで活動している彼は、NXT時代にブランドの顔として大活躍しました。しかし、メインロースター昇格後はミッドカードの選手にとどまっています。 2020年6月にTw...
タイトルとURLをコピーしました