スポンサーリンク

WWEとMLW、本気で提携を検討中。選手たちは知らされていなかった?

ニュース

先日、WWEとMLWが提携に向けた話し合いの席を設けたことが報じられました。WWEは「鎖国的」という評判を覆したいと考えているようで、AEWを中心とした提携の輪に対抗する意図もありそうです。

WWEがMLWと話し合いの席を設ける。AEWを中心とした提携の輪への対抗策?
業界最大手の団体として君臨するWWE。「我が道を往く」スタイルで成功を収めてきたWWEですが、トレンドには乗り遅れたくないと考えているのかもしれません。 レスリング・オブザーバーによれば、WWEは「他団体と交流しない団体」とい...

提携の目的は、WWEのディベロップメント契約の選手たちに試合の機会を与えること。以前のEVOLVEと同じような関係を築きたいと考えているそうです。

Fightfulによれば、両者は提携のメリットについて本気で検討しているそうです。上層部同士の話し合いがどのような結果になるにしても、WWEが外部団体と関係を持ちたがっているという点は注目に値します。

また、WWEからMLWに参戦する可能性のある選手たちにはこの件が伝えられておらず、レスリング・オブザーバーの報道ではじめて知ったとのこと。

(Fightful, Cultaholic)

あわせて読みたい

【AEW】クリス・ジェリコが考える「他団体侵攻アングル」。相手が新日本プロレスとインパクトでは、その質が異なる?
現在、AEW世界王座チャンピオンのケニー・オメガがインパクト・レスリングで大暴れしています。インパクト統一世界王座を獲得し、今後も定期参戦することがわかっています。両団体のコラボレーションは大きな話題を集めていますが、業界内では様々な意見が...
【WWE】カート・アングル、HHHから「NXTでのトレーナー」のオファーがあったことを明かす
2020年4月に行われたWWEの大リストラによって団体を去ることになったカート・アングル。プロレス界を代表するビッグスターがリストラされたことは衝撃的な出来事でした。 しかし、WWEとの縁が切れたわけではないようです。解雇後の...
タイトルとURLをコピーしました