スポンサーリンク

【WWE】ジム・ロスが考える「クリスチャンはなぜエッジほどの人気者になれなかったのか」

ニュース

幼馴染、盟友、スーパースター同士。エッジとクリスチャンは特別な絆で結ばれています。

【AEW】エッジがクリスチャンのAEW移籍にコメント。「幸せになれるなら、どこでもいいんだ」
2021年3月、レジェンドレスラーのクリスチャンがWWEからAEWに移籍しました。1月の「Royal Rumble」で度重なる脳震盪から久々に復帰し、盟友のエッジと感動的な再開を果たしたクリスチャン。エッジはその移籍をどう捉えているのでしょ...

しかし、どちらのほうが人気者かと言われると……エッジでしょう。2人ともシングルレスラーとして成功したスーパースターですが、クリスチャンはファンや関係者から「過小評価されている」と嘆かれることもあります。

2人の差はなぜ生じたのか?WWEの名物アナウンサーだったジム・ロスはこう考えています。

俺が思っていたのは、エッジは大スターになるだろうってこと。彼は観客とつながる能力を持っているからね。クリスチャンは常にチームのNo.2だった。2人が成長する機会を得たのは喜ばしいことだったけど、いつもエッジのほうが少しだけ優位に立っているなと思ってたよ。

だからといって、クリスチャンが優れたレスラーではない、ということには絶対にならない。AEWに来てからのケニー・オメガ戦は素晴らしかったよね。昔も今も凄まじいレスラーなのは間違いないんだけど、エッジのように観客とつながることができるカリスマ性はなかったんだ。

カリスマ性がいかに重要か、という話ですね。

SESCOOPS

あわせて読みたい

【WWE】セス・ロリンズ、2019年に行われた伝説のブレイ・ワイアット戦の後でビンス・マクマホンの首を締めそうになったことを告白する
2019年の「Hell In A Cell」を覚えていますか?メインイベントはセス・ロリンズ VS ”ザ・フィーンド”ブレイ・ワイアットでした。 この試合は色んな意味で話題になりましたね。赤い照明のせいで2人が何をやっているの...
【AEW】ブライアン・ダニエルソンが考える「プロレスファンの行き過ぎた帰属意識とその問題点」
プロレスに限ったことではありませんが、特定の団体やチーム・個人のことを愛するあまり、愛する対象以外のものについてネガティブな意見を持ってしまう人は一定数いるようです。また、何かが「嫌い」であることを前提とする集団が形成される、あるいは後天的...

ランキング参加中。

人気ブログランキング

にほんブログ村

タイトルとURLをコピーしました