スポンサーリンク

AEW・RampageとWWE・SmackDownの直接対決を制したのはAEW!

ニュース

先週のWWE・SmackDownは放送時間が30分延長されました。そのため、普段はSmackDownの終了直後に放送されるAEW・Rampageと放送時間が30分かぶることになったのです。

WWEとAEWの争いは、2019年から2021年春までNXTとDynamiteの間で繰り広げられていました。2つのプロレス番組が同じ日の同じ時間帯に放送される、というレイティングの数字を巡る直接を制したのはDynamite。NXTは放送曜日の変更を強いられました。

AEWにとって、今回はWWEのメインブランドと放送時間がかぶる最初の機会になりました。Dynamiteならともかく、視聴者数がDynamiteの6割程度に留まるRampageでの対戦となったわけですが、蓋を開けてみると……

アメリカのテレビ業界では、重要な購買層である18〜49歳のレイティングが重要視されます。9月にはDynamiteがこの層の視聴率でRAWを上回ったことが話題になりました。今回のケースは……報道によれば、放送時間がかぶっていた30分間の視聴者数は以下の通り。

  • SmackDown: 約285,000名
  • Rampage: 約328,000名

ということで、勝利したのはなんとRampage。CMパンク VS マット・サイダルとルビー・ソーホー VS ザ・バニーがサーシャ・バンクス VS ベッキー・リンチとローマン・レインズ & ブロック・レスナーのセグメントを上回りました。レスリング・オブザーバーによれば、ルビーの試合とレインズ&レスナーのセグメントは視聴率が同率だったそうです。

ただし、今回の勝利も一応「カッコつき」です。視聴者の総数ではSmackDownが上回っています。とはいえ、購買層に訴える力が強いのはどちらの番組なのか、ということをAEWが示したのは大きな出来事ですね。また、Youtubeで無料配信されたバイ・イン・ショーで行われたブライアン・ダニエルソン VS 鈴木みのるが名勝負になったことも影響したかもしれません。

【海外の反応】ドリームマッチは壮絶なしばき合いに。鈴木みのる VS ブライアン・ダニエルソンを海外ファンはどう見たか?
現地10月15日に放送されたAEW Rampageは、番組放送前に1時間のYoutube無料生配信がありました。3試合とプロモで構成されたこの配信で、鈴木みのるとブライアン・ダニエルソンのシングルマッチというとんでもないカードが組まれたので...

(Cultaholic)

あわせて読みたい

ACHが現役復帰
2021年6月に現役引退を表明していたACHが再びリングに上がりました。 現地10月17日に行われたAtlanta Wrestling Entertainmentのショーに登場したACHは、新日本プロレスへの参戦が発表されたば...
ブライアン・ダニエルソンがWWEに『日本で活動したい』と伝えていたことを認める
2021年春、WWEと新日本プロレスが業務提携に向けた交渉をしていることが報じられました。メインの話題はダニエル・ブライアンの新日本参戦に関するものだったとされています。 WWEとしては、当時フリーエー...

ランキング参加中。

人気ブログランキング

にほんブログ村

タイトルとURLをコピーしました