スポンサーリンク

【WWE】ブライアン・ダニエルソンが大量解雇にコメント。「ビジネスなのは理解している」

インタビュー

先日、WWEは18人の選手を解雇しました。

【WWE】先日解雇された18人の選手たち以外にも10人が解雇されそうになっていたと報じられる
人件費削減に積極的な姿勢を示しているWWE。先日は18人の選手が解雇され、これに関する様々な噂も流れました。 レスリング・オブザーバーのデイブ・メルツァーによれば、WWEは他にも10人の...

表向きの理由は人件費削減。コストに見合っていない、活用できていないと判断されると解雇の対象になってしまいます。

WWEから円満退団してAEWに移籍したブライアン・ダニエルソンは、この件についてコメントを求められ、次のように語っています。

WWEがレスラーたちに3年契約を持ちかけたんだ。過払いがあったとしても、それは団体側が悪いんだよ。あと、WWEは今も収益率が非常に高い団体だろ。これが俺の考えだ。あんなことはしてほしくないね。

まあ、アメリカのビジネスがそういうものだというのは理解しているし、利益が何よりも重要だという傾向にあることもわかってる。

団体内での話し合いはできるわけでさ。俺はビンス・マクマホンのことが大好きだし、彼からいろんなことを学んだけど、団体と個人は別物だ。

理由はどうあれ、善良な人たちでさえ、会社のために一生懸命働いている従業員を会社の利益のために傷つけてしまう決断を下すことがある。俺にとっても辛いことだけど、それがアメリカに利益をもたらしてきたシステムなんだよね。

SESCOOPS

あわせて読みたい

【新日本プロレス】ジュース・ロビンソンが2022年2月にフリーエージェントになることを認める。「飛び立つ時かも」
新日本プロレスで活躍するジュース・ロビンソン。新型コロナウイルスのパンデミックが起きてからはなかなか来日できていませんが、ファンの多いレスラーです。 先週、ジュースと新日本の契約が間もなく満了することが報じられました。複数団体...
【Impact】ムースが団体上層部にジェイ・リーサル&ブリスコズとの契約を提案
団体の再構築に入るROHは所属レスラー全員との契約を解除します。 多くのレスラーが新たな契約先を探さなければならない中、一部はいろんな団体から引っ張りだこになるかもしれません。 インパクト・レスリング所属のムース...

ランキング参加中。

人気ブログランキング

にほんブログ村

タイトルとURLをコピーしました