スポンサーリンク

【WWE】スタッフたちの中に「NXTは働いていて楽しい場所ではない」と考えるようになった人達がいると報じられる

ニュース

先日、ベス・フェニックスがNXTのコメンテーター職から離れることを発表しました。WWEには残るものの、家族との時間を作りたいと考えての決断だったそうです。

【WWE】ベス・フェニックスがNXTのコメンテーター業から離れることを発表
2000年代にWWEディーヴァとして活躍し、2019年からNXTのカラーコメンテーターとして活動していたベス・フェニックス。 NXTでは現地12月5日にPPV「WarGames」の開催を控えています。今日、フェニックスはこのイ...

ここ数ヶ月、NXTの様相は一変しました。ブランドのデザインや方針が変わり、HHHが仕切っていた金と黒のブランド時代に活躍していた選手たちの中には、以前のように活躍の場を与えられなくなった人もいます。

HHHが心臓の手術を受け、治療に専念している間に、ファンからは見えない内部の環境も変わったかもしれません。レスリング・オブザーバーのブライアン・アルバレスによれば、団体スタッフの中には「NXTはもう働いていて楽しい場所ではなくなった」と言っている人がいるそうです。離脱者はフェニックスが最後ではないかもしれない、ともコメントしています。11月23日、NXTでコーチとプロデューサーを務めていたスコッティ・2・ホッティが退団しました。

先日、WWEはファンに対して現在のNXTへのアンケートを実施し、ファンの好みを調査しました。その結果が良い方向に反映されれば、ブランドの士気は上がっていくでしょう。

WrestlingNews.co

あわせて読みたい

【WWE】RAWでの大量解雇への言及はどのように生まれ、現場ではどのように受け止められているのか
新型コロナウイルスのパンデミックが始まってから、WWEは積極的に所属選手を解雇して人件費を削減しています。 最近、RAWでこの件への言及がありました。 リヴ・モーガンは、ライオット・スクワッドの仲間だったルビー・ライオッ...
【AEW】次世代のハイフライヤー、ダンテ・マーティンが「空中殺法が増えた現代プロレスへの批判」にコメント。「自分を貫くだけ」
プロレスの流行は時代によって変容します。現代のプロレスでは大柄なレスラーが空中殺法を使うことも増え、全体的にハイフライ・ムーブの利用割合が増えています。 このことについて、一部のファンや業界人が批判的に語ることがあります。時代...

ランキング参加中。

人気ブログランキング

にほんブログ村

タイトルとURLをコピーしました