スポンサーリンク

WWEが2021年をもって北米でのDVD & Blu-rayの新作発売を終了すると報じられる

ニュース

プロレスはテレビやDVDで見るもの、という時代は終わりつつあります。大手プロレス団体が独自の配信サービスを用意して定額制でイベントの配信を実施するケースが増え、イベント開催後の収益をDVD販売で賄おうという団体は少なくなっている印象です。

ファンにとって、DVDやBlu-rayというフィジカルなメディア(グッズ)を所有することは喜びの1つです。棚などにグッズを並べ、悦に浸るのは至福の時間。しかし、時代の流れには逆らえません。

Wrestling DVD Networkによれば、WWEは2021年をもって北米でのDVD & Blu-rayの新作発売を終了するそうです。現状では、最後に発売されるソフトは「Survivor Series 2021」(12月28日発売)になるとのこと。近年のWWEはこれらのメディアに力を入れておらず、WWE NetworkとPeacockでの動画配信に意識を向けています。WWF時代から様々なメディアでの映像作品を販売してきた団体が、フィジカルなメディアから去ろうとしているのは少し悲しいです。

北米以外の地域での販売がどうなるかはまだわかっていません。ヨーロッパではWWEのDVD & Blu-rayのセールスパフォーマンスが良くなっているそうで、イギリスでは2022年3月まではDVDが販売されるようです。

あわせて読みたい

【WWE】RAWでの大量解雇への言及はどのように生まれ、現場ではどのように受け止められているのか
新型コロナウイルスのパンデミックが始まってから、WWEは積極的に所属選手を解雇して人件費を削減しています。 最近、RAWでこの件への言及がありました。 リヴ・モーガンは、ライオット・スクワッドの仲間だったルビー・ライオッ...
【WWE】スタッフたちの中に「NXTは働いていて楽しい場所ではない」と考えるようになった人達がいると報じられる
先日、ベス・フェニックスがNXTのコメンテーター職から離れることを発表しました。WWEには残るものの、家族との時間を作りたいと考えての決断だったそうです。 ここ数ヶ月、NXTの様相は一変しました。ブランドのデザインや方...

ランキング参加中。

人気ブログランキング

にほんブログ村

タイトルとURLをコピーしました