スポンサーリンク

【AEW】ポール・ワイト(ビッグ・ショー)が巨人レスラーの未来を語る。「重荷を背負わせたくない。でもオモスとサトナム・シンは…

インタビュー

WWEのスター選手として活躍していたビッグ・ショー。

身長213センチ、体重200キロのとんでもない体格を活かし、唯一無二の存在としてファンから愛される存在でした。2020年にAEWへ移籍し、リングネームを本名の「ポール・ワイト」に変更してからは、試合出場の機会こそ少ないものの、カラーコメンテーターとしてAEW Dark: Elevationを担当しています。

プロレス界の巨人といえばビッグ・ショー。そう考えるファンも多いでしょう。超大柄なレスラーの代表格として様々な質問を受けることが多い彼は、The Sportsterによるインタビューの中で「プロレス界の新たな素晴らしい巨人スターは誰になるか?」という質問に対し、決してポジティブではないコメントを返しました。

素晴らしい巨人スターだなんて、誰にも負わせたくない重荷だよ。昔の俺はよくそういう目で見られていたけど……率先して重荷を背負いたがる人なんていないね。

とはいえ、評価に値する巨人のことはしっかりと評価してあげたい、とも考えているようです。彼は2人のレスラーの名前を挙げ、賞賛しました。

オモス(WWE)は素晴らしい仕事をしていると思う。(AJスタイルズやボビー・ラシュリーなど、オモスと共に仕事をしていたベテランたちを含め)WWEのプレゼンも良いね。ちゃんと評価されるべきだ。

(AEWでデビューする身長218センチの元バスケットボール選手)サトナム・シンは信じられないようなアスリートだ。バスケットボールというバックグラウンドがあるから、フットワークが良いよ。手も大きいし、バカデカい。

Satnam Singh Makes a Gigantic Statement in His In-Ring Debut | AEW Rampage, 6/10/22

Bobby Lashley vs. Omos – Arm Wrestling Challenge: Raw, April 25, 2022

Wrestling Inc

あわせて読みたい

【AEW】トニー・カーン社長がオールアトランティック王座へのプランを語る。「他のタイトルとは異なる」
AEWと新日本プロレスの合同興行「Forbidden Door」で初代王者を決める試合が行われたオールアトランティック王座。 試合に勝利したPACは初代王者として地元イギリスで防衛戦を行っており、他団体でタイトルマッチを行うと...
【AEW】クラウディオ・カスタニョーリ(セザーロ)がAEW入団の背景を語る。「どこに行きたいかは自分で理解してた」
AEWと新日本プロレスの合同興行「Forbidden Door」にブライアン・ダニエルソンの代役としてサプライズ登場し、ザック・セイバー・ジュニアとのシングルマッチを制したクラウディオ・カスタニョーリ(セザーロ)。 WWE時代...

ランキング参加中。

人気ブログランキング

にほんブログ村

タイトルとURLをコピーしました