スポンサーリンク

【WWE】コフィ・キングストンが「いつか引退する日」を語る。「その時が来たらわかるよ」

ニュース

プロレスラーの引き際はいつなのか?何をきっかけに引退するかは人それぞれです。

WWEで活躍するコフィ・キングストンは、Huntington Herald-Dispatchのインタビューの中で「引退」について質問され、次のように答えました。すぐに辞めるつもりはないようです。

人々を楽しませるのはスマートに働く方法の1つだと思ってる。体を張るのも仕事のうちだよ。昔のレジェンドは背中が少し丸まっていたりするんだけど、あれはいつか俺の身体にも起こることだよ。みんなの身体は、この仕事に必要なことに耐えられない。WWEユニバースの存在は信じられないほど支えになっているよ。俺は彼らのための犠牲をいとわない。

(引退について)その時が来たらかわるよ。すべてやりきったってことだ。もう楽しめない。身体に限界が来るか、明日クビになるかもしれない状況になるかだね。俺にとっては今がすべて。ここにいる間は今を楽しむよ。終わりの日のことを考えると、ここでできる本当にユニークな経験を楽しめなくなってしまう。この瞬間を楽しめないってことなんだ。俺は、日々を、WWEで働いている今を大切にして、できる限り長く楽しもうと思ってるよ。

プロレスラーは毎日のように身体を酷使しています。試合中だけではなく、トレーニング中に大怪我をしてしまうことも。昔よりも現役として活躍できる時期は伸びていますし、身体の大切にしながら活動し続けてほしいです。

Cultaholic

あわせて読みたい

【WWE】ウォルターのリングネームが変更された理由は「WWEが考えた退団後の活動対策」?
巨人ウォルター。ヨーロッパのプロレス界を牽引し、多くの名勝負を生み出してきた名レスラーです。 NXT UKで活動していた彼は、アメリカ本土のNXTで活動していくことになりました。しかし、リングネームは変更されることに。公式サイ...
【AEW】Dynamite放送局の親会社が、WWEによる「AEWのグロい自傷的な試合」への批判に腹を立てていると報じられる
現在、AEWのテレビ番組はワーナーメディア系の放送局で放送されています。世界的なメディア・コングロマリットと団体の関係は良好です。 インディシーンの遺伝子を強く受け継いでいるAEWでは、レスラーがガチ流血する試合が意図的に組ま...

ランキング参加中。

人気ブログランキング

にほんブログ村

タイトルとURLをコピーしました