スポンサーリンク

【WWE】RK-Broは一夜限りの結成のはずだった?リドルがタッグ結成秘話を語る

インタビュー

WWEの人気タッグ、RK-Bro。ランディ・オートンとリドルの2人はRAWタッグ王座を獲得するという実績を残しています。

今でこそ人気タッグとなったRK-Broですが、リドルによれば、本来は一夜限りのタッグ結成だったのだそうです。Podcast番組「Mark Andrews: My Love Letter to Wrestling」にゲスト出演した彼は、次のように語っています。

ランディ・オートンとのタッグは一夜限りになるはずだったんだよ。彼とは初日で敵対関係になるはずだった。でも、ビンスや観客が気に入ってくれて、「2人がうまくいくかどうか、やってみてくれない?」と言われてさ。「もち!」って感じだったな。お互いのことが好きで仕事をしていたし、フレンドリーな関係だったよ。

ランディが3ヶ月くらいいなくなったこともあったけど、俺はチームを支え、いつもランディのことを話していた。彼の話をしていると、みんな「彼はすぐに戻ってくるよ」と言ってくれたけど、実際に彼がいつ戻ってくるのかはわからなかった。

スポーツ・エンターテイメントについて言うと、ランディはやり方を理解しているし、俺は彼からたくさん学ばせてもらった。彼と一緒にいるのはとても楽しいよ。マジな話、彼は超クールだ。俺を笑わせてくれるしさ。笑わせようとしてきてくれるから、本当に楽しいんだ。パフォーマーとしてはタイプがぜんぜん違うのに、実生活では似てるところが多くて、同じジョークで笑うし、同じ食べ物が好きで、好きなエンタメも同じ。共通点が多いよね。仕事が捗るし、そのおかげで、タッグへの移行がとても簡単になった。俺たちは楽しみながら仕事をしてるよ。

WrestlingNews.co

あわせて読みたい

【AEW】CMパンクが「インターネット上のネガティブな意見との向き合いかた」を語る
パフォーマーとして表舞台に立つレスラーたちには様々な意見が飛び交います。ポジティブなものばかりではなく、ネガティブな意見も本人に直接届けられるSNS社会において、「ネガティブ」とどう向き合うかは深刻な問題です。 ...
【AEW】トニー・カーン社長が「禁断の扉」が開くことを予告。「デビューする」
禁断の扉。新日本プロレスとAEWの近いようで遠い距離感を表す言葉として使われいた言葉ですが、KENTAが扉を開いてAEWに参戦した後は、団体同士の交流を指す広範な用語として使われることが多くなりました。 AEWは様々な団体と友...

ランキング参加中。

人気ブログランキング

にほんブログ村

タイトルとURLをコピーしました