スポンサーリンク

【WWE】Netflixが製作中のビンス・マクマホンのドキュメンタリーは現在も製作中。レッスルマニア38での「スタナー受け」も入るかも

ニュース

2020年、WWEはNetflixがビンス・マクマホンのドキュメンタリー映画を制作すると発表しました。

WWEとNetflixがビンス・マクマホンのドキュメンタリーを製作へ
先日行われたWWEの第3四半期収支報告の中で、興味深い発表がありました。 ここ数年、プロレス関連のドキュメンタリー番組が話題になることが増えています。最も注目を集めているのはVice TVが制作している"Dark Side O...

ビンスの生涯を描いた内容で、制作費はNetflix制作によるドキュメンタリー映画としては史上最高額の1つになるとされています。伝説の大失敗音楽フェス「Fyre Fest」のドキュメンタリーを監督したクリス・スミスが制作に加わり、WWEスタジオと共に完成に向けて動いていくとされていました。

発表から約2年。制作状況はどうなっているのでしょうか?

PWInsiderによれば、ドキュメンタリーは現在も製作中とのこと。確定ではないものの、レッスルマニア38でのパット・マカフィーやオースチン・セオリー、ストーン・コールド・スティーブ・オースチンとの絡みが含まれる可能性もあるそうです。

WWEのチーフ・ブランド・オフィサーを務めるステファニー・マクマホンによれば、ドキュメンタリーは4つのエピソードに分割されるとのこと。これまでにファンが知らなかった、ビンスが明かしてこなかった過去を垣間見ることができるそうです。

今年中に配信が予定されているようなので、その日を待ちましょう。プロレスファンにとってはたまらない内容に仕上がるはずです。

(PWInsider, Wrestling Inc)

あわせて読みたい

【新日本プロレス】ジェフ・コブがAEWのFTRを相手にIWGPタッグ王座の防衛戦を行うことに前向き。「リスペクトしてる」
新日本プロレスワールドでAEWのウィークリー番組「Dynamite」と「Rampage」の日本語実況版配信が始まったことは、世界中のプロレスファンを驚かせるビッグニュースでした。 新型コロナウイルスのパンデミックが起きたことを...
トニー・ストームがWWE退団の裏側を語る。「向いていないと悟る瞬間があった」
2021年12月にWWEを退団したトニー・ストーム。 自ら退団を申し出た彼女は燃え尽き症候群を患っていたとされ、彼女自身もこの時期に引退を考えていたことを明かしています。 WWEでの彼女に一体何があったの...

ランキング参加中。

人気ブログランキング

にほんブログ村

タイトルとURLをコピーしました