スポンサーリンク

【WWE】コーディ・ローデスがRAWの顔として広告に起用される。様々な特権を持つ彼の将来やいかに

ニュース

2022年4月にWWEへ復帰したコーディ・ローデス。

彼がWWEの外部で積み重ねてきた功績は非常に輝かしいもので、WWEの最高責任者ビンス・マクマホンをして「それこそ我々が買うものだ」と言わしめるほどの価値を持っています。AEW時代のキャラクターや入場曲をWWEに持ち込んだだけではなく、本来プロモ中に使うことを禁じられている「レスラー」や「ベルト」といった言葉まで使用可能という、これを「特権」と言わずしてなんと言うのか、というほどの力を持っているのです。彼とWWEが交わした契約はプロレスの歴史上最も複雑なものの1つとされており、今後もその詳細が明らかになっていくでしょう。

さて、復帰後の彼はRAWの一員として活動していくことになりますが、先日の報道では、彼はベビーフェイスとしてボビー・ラシュリーに次ぐ2番手にリストアップされているという話でした。

ブランドのトップベビーフェイスはラシュリーのはず。ブランドの顔であるべき存在はラシュリー……なのですが、アメフトリーグ「USFL」のテレビ中継中、WWEの広告が流された際、RAWの顔として画面に映し出されたのはコーディでした。SmackDownはもちろんローマン・レインズです。これは、WWEが「コーディこそRAW最大の呼び物だ」と考えていることを意味します。レインズに並び立つことができるのはコーディなのだ、と。

彼がどれほどのプッシュを受けることになるのかはわかりませんが、とにかくアツい存在だと考えられているのは間違いなさそうです。

WrestlingNews.co

あわせて読みたい

新日本プロレスを退団のジュース・ロビンソンがインパクト・レスリングを語る。「いつか戻ってきたい」
新型コロナウイルスのパンデミックが起きたことで、新日本プロレスに参戦していた外国人レスラーたちを巡る状況は一変しました。 日本に拠点を移して戦いの日々を送るようになったレスラーもいれば、母国に帰ってたまに来日したり、NJPW ...
カール・アンダーソン & ドク・ギャローズが新日本プロレスからWWEへ移籍した時の苦労を語る。「新日本とは別物。1人ではなく、チームが苦しむ」
2016年、新日本プロレスのトップレスラーたちが次々とWWEへ移籍するという事件が起きました。 AJスタイルズ、中邑真輔、そしてカール・アンダーソン & ドク・ギャローズ。彼らの移籍は内藤哲也やケニー・オメガの台頭のト...

ランキング参加中。

人気ブログランキング

にほんブログ村

タイトルとURLをコピーしました