スポンサーリンク

サモア・ジョーが語るプロレス界最大の禁断の扉。「WWEの扉は開いていない」

インタビュー

「禁断の扉」という言葉は、もともと新日本プロレスとAEWの間に漂う緊張関係を意味するものでしたが、今となっては「団体間の交流」のような、広範な意味を持つようになりました。

新日本とAEWは現地6月26日にシカゴで合同興行「Forbidden Door」を開催します。2021年以降、関係を強化し続けた両団体によるスーパーショー。世界中の様々な団体と交流するAEWの特色がショーの実現につながりました。

「禁断の扉」は開いた。しかし、AEW所属のサモア・ジョーは、この言葉があまり好きではないようです。Podcast番組「AEW Unrestricted」にゲスト出演した彼は、次のように語りました。

もしかしたら、みんなとは「禁断の扉」についての定義が違うかもしれないんだけど、俺にとって「扉」とは「WWEの扉」なんだ。この扉はまだ開いていないじゃないか。新日本が他団体と一緒に何かをやるということについての話なら、まあいいよ。ROHともやってたしね。ただ、俺にとっては、それは「禁断の扉」じゃない。

WWEが他団体との交流を復活させるという話はたまに出てきますが、なかなか実現はしていません。レスラーを派遣するだけではなく、交流となると、巨大化したWWEの内部に他団体が入り込むのは容易なことではないのでしょう。

所属選手たちからは「他団体に参戦したい」という意見が出ることもありますが、なかなか難しいですね。この「扉」が再び開くことはあるのでしょうか?

Wrestle Zone

あわせて読みたい

【WWE】レッスルマニア39の対戦カードについて、すでに計画があると報じられる
近年のWWEでは長期的に計画を立てて物事を進めていくことが少なくなっています。場当たり的というよりも、臨機応変な対応を取っている印象です。 しかし、2023年4月1・2日にカリフォルニア州イングルウッドのSofiスタジアムで開...
【AEW】トニー・カーン社長が「テレビ番組で流血試合をすること」への批判に反論。「プロレスの一部であり、楽しさでもある」
2019年5月に開催されたAEWの旗揚げ興行「Double or Nothing」。ショーをスティールしたのは、コーディ・ローデスとダスティン・ローデスによるシングルマッチでした。 試合序盤にアクシデントで頭部から大流血したダ...

ランキング参加中。

人気ブログランキング

にほんブログ村

タイトルとURLをコピーしました