スポンサーリンク

【AEW】ウォードローが将来的なWWE入団の可能性を否定せず。「Never Say Never」

インタビュー

MJFとの抗争の中でファンから熱い支持を集め、一躍スターとなったウォードロー。

ムキムキの体、きれいなスワントーンボムを決める身体能力の高さ、ルックスの良さ。スターの素質を兼ね備え、マット・ハーディーもその将来性を高く評価しています。今後、AEWが彼をどのようにプロデュースしていくかによって、彼の人生に更に大きな変化が訪れるでしょう。

インディシーンでの知名度も低いうちにAEWへ参戦するようになった彼はAEW生え抜きと言ってもいい存在ですが、彼のキャリアは彼自身が決めるものです。バーチャルサイン会に参加した彼は、将来的なWWE入団の可能性について語りました。

今いる団体にとても満足しているからなー。人生は「Never Say Never」。でも、俺は今幸せだよ。

(上り調子の現状について)期待以上だよ。ここまで良い未来を想像することなんてできなかった。と言うよりは、俺の人生についてこれ以上ない現実を実現することができた、と言ったほうがいいのかな。これまでのことも、今起きていることも、何一つ変えようとは思わないね。

今後はタイトル戦線にも絡む活躍が期待されます。頑張ってほしいですね!

Did Wardlow Wins His 20-on-1 "Class Action" Handicap Eliminator? | AEW Dynamite: Road Rager, 6/15/22

SESCOOPS

あわせて読みたい

カート・アングルがAEWから現役レスラーとしてのオファーを受けていたことを明かす。「2回あった。試合ができればよかったんだけど…」
2019年に現役を引退したカート・アングル。 アトランタオリンピックでのレスリングフリースタイル100kg級で金メダルを獲得したアスリートの彼は、1998年にWWFでプロレスラーとしてデビューしました。その後、WWEを代表する...
ディズニーランドで働いていたジョーイ・ライアンが解雇される
2020年、新型コロナウイルスのパンデミックで揺れるプロレス界をさらに大きく揺るがした一大ムーブメント「#SpeakingOut」がTwitter上で起こりました。 主に男性プロレスラーたちの問題行為(その多くは性的なもの)が...

ランキング参加中。

人気ブログランキング

にほんブログ村

タイトルとURLをコピーしました