スポンサーリンク

【WWE】RAWのレイティングがPGからTV-14に変更されるかも?テレビ局側が変更を望んでいると報じられる

ニュース

WWEが最も盛り上がった時代とされるAttitude Era。

1997年から2002年のWWEは過激な内容でファンを喜ばせていましたが、その頃の放送規制、レイティングはTV-14でした。「14歳以下の子供には不適切であると多くの保護者が感じるであろう番組」に付けられるこのレイティングでは過激な言動や流血も許されており、AEWはTV-14の元で激しい流血マッチをテレビ放送しています。

2008年以降、RAWのレイティングは「保護者の指導が推奨される番組」に付けられるTVPGとなり、下ネタや流血が極力避けられるようになりました。このレイティング移行はWWEの「PG Era」の始まりとされ、番組内容に満足できないファンが増えるきっかけになったのです。

現在のWWEの象徴とも呼べる「PG」。しかし、長く続いた歴史は終わりを迎えようとしています。Podcast番組「Mat Men」のアンドリュー・ザリアンが、来週のRAWのレイティングがTV-14になっていることを明かし、「PG Eraは終わった」とツイートしたのです。後にザリアンはこのツイートを撤回し、本当に変更されるかどうかは検討中で、レイティングが変更される日は未定であると訂正しました。

レイティングの変更は、番組の内容を大幅に変える可能性のある大事件です。レスリング・オブザーバーによれば、WWEは番組の方向性の変更をまだ決断していないようですが、レイティングの変更はRAWを放送するUSA Network側が望んでいることものなのだそうです。

また、Attitude Eraのような過激な内容に戻る可能性は低いものの、言葉の面では今以上に荒っぽくなる可能性があるとのこと。現地7月11日放送のRAWでブロック・レスナーがSワードを使う台本を受け取ったUSA Networkは、これを「受け入れる」という決断を下したとされています。

Sワード、つまりShitやSuckのような下品な言葉遣いが普通に使われる番組に戻る……もし実現すれば、ファミリー層への影響は大きそうです。「大したことないじゃん」と思う人も多いでしょうが、かなり気になるニュースでした。

【WWE】クリス・ジェリコが語る「いったい何がビンス・マクマホンをクリエイティブの天才たらしめているのか」
WWEを世界最大のプロレス団体に成長させ、この業界で最も強い影響力を持つ男、ビンス・マクマホン。 彼の手腕には常に賛否両論が飛び交うものの、団体を成功に導いていた実績は否定できるものではありません。彼のクリエイティブにおける才...

(Wrestling Observer, Wrestling Inc)

あわせて読みたい

【AEW】トニー・カーン社長がオールアトランティック王座へのプランを語る。「他のタイトルとは異なる」
AEWと新日本プロレスの合同興行「Forbidden Door」で初代王者を決める試合が行われたオールアトランティック王座。 試合に勝利したPACは初代王者として地元イギリスで防衛戦を行っており、他団体でタイトルマッチを行うと...
【WWE】ショーン・マイケルズがトレーナーとして若手レスラーたちに教えることの楽しさを語る
NXTのプロデューサーとして働いているショーン・マイケルズ。 プロレスの歴史に名を残す名レスラーだった彼は、2016年にパフォーマンス・センターのトレーナーとして団体に復帰しました。自分の経験を若手に伝え、次世代のスターを育て...

ランキング参加中。

人気ブログランキング

にほんブログ村

タイトルとURLをコピーしました