スポンサーリンク

【WWE】HHHがクリエイティブの責任者として集中していることを語る。「象徴的なキャラクターとストーリーを作り…」

ニュース

ビンス・マクマホンの引退により、クリエイティブの責任者という重要な役割を引き継いだHHH。

NXTを率いていた時代にその手腕をプロレスファンに見せつけていた彼ですが、メインロースターを率いる立場はかつてよりも責任重大です。彼なら重要な仕事をやってのけられるでしょうが、2021年に心臓病で倒れ、一時は危険な状態にまでなったこともあるため、体調面は心配ですね。

【WWE】HHHが現役引退を正式表明。心臓病で死に直面していた……「もう試合をすることはない。俺は心不全だった」
2021年9月に心臓の手術を受け、休養中のHHH。 以前、彼は現役復帰の可能性についてコメントした際、日本でもう一度試合をしたいとコメントしていました。WWEの重要人物として多忙な日々を送っていた彼は長くリングから遠ざかってい...

2022年第2四半期の投資家向け電話会議の中で、HHHはクリエイティブの責任者として集中していることを語りました。

象徴的なキャラクターを作り、素晴らしいストーリーだったりファンタスティックなストーリーだったり、その中に彼らを登場させ、そのキャラクターに最も適したものを選んで実行し、その過程でファンが同反応するのか。そこに集中しているよ。

このチャンスは巨大なものだ。我々のファンのためにスターを輝かせることに従事するだけじゃなく、同時に新しいスターを作り、彼らがより大きな存在になるためのプラットフォームと機会を与えるためのチャンスだね。

HHHならきっとできるはず。ビンスの後を継ぐのは相当なプレッシャーだと思いますが、頑張ってほしいですね。

【WWE】クリス・ジェリコが語る「いったい何がビンス・マクマホンをクリエイティブの天才たらしめているのか」
WWEを世界最大のプロレス団体に成長させ、この業界で最も強い影響力を持つ男、ビンス・マクマホン。 彼の手腕には常に賛否両論が飛び交うものの、団体を成功に導いていた実績は否定できるものではありません。彼のクリエイティブにおける才...

Triple H's 25 greatest moments: WWE Top 10 Special Edition

(Fightful)

あわせて読みたい

リオ・ラッシュがWWE復帰をほのめかすような投稿を繰り返していることが話題に
新型コロナウイルスのパンデミックが起きたことによる経費削減のため、2020年にWWEから解雇されたリオ・ラッシュ。 インディシーンに復帰した後は新日本プロレスやAEWで活動していましたが、現在はフリーエージェントです。一時は肩...
WWEは「ビンス・マクマホンの引退により、業績に重大な悪影響が及ぶ可能性がある」と考えている
2022年7月にWWEからの引退を宣言したビンス・マクマホン。 今後は大株主として団体と関わっていくことになりますが、団体内部の人間ではなくなりました。クリエイティブはHHHが引き継ぎ、これまでとは異なる「HHH色」を少しずつ...

ランキング参加中。

人気ブログランキング

にほんブログ村

タイトルとURLをコピーしました