スポンサーリンク

【新日本プロレス】AEWのレスラーたちがレッスルキングダムに参戦予定だと報じられる

ニュース

2022年6月に開催されたAEWと新日本プロレスの合同興行「Forbidden Door」はとても評判の良いショーになりました。

CMパンクやブライアン・ダニエルソン、ケニー・オメガといったレスラーたちが欠場することになったものの、どのカードも内容が充実している名勝負ばかり。ウィル・オスプレイとオレンジ・キャシディによるIWGP UWSヘビー級王座戦はマッチ・オブ・ザ・イヤー候補級の試合になりましたし、棚橋弘至とジョン・モクスリーによる暫定AEW世界王座戦もファンの期待に答える内容でした。両団体はForbidden Doorの継続開催を望んでおり、新日本側は日本での開催を希望しているものの、AEWトニー・カーン社長は日本での開催に否定的です。

【AEW】新日本プロレスとの「Forbidden Door」不参加のアンドラーデ。元々はウィル・オスプレイとの対戦が計画されていた
現地6月26日に開催されるAEWと新日本プロレスの合同興行「Forbidden Door」。複雑な理由があり、AEWの3人のルチャドールたち…アンドラーデ、ペンタ・オスクロ、レイ・フェニックスは出場できません。 アンドラーデは...

とはいえ、AEWの大物レスラーたちは新日本にも参戦可能な契約を結んでいるケースが多く、トニーが意味もなく彼らの来日を拒むことはありません。レスリング・オブザーバーによれば、「何人になるかはわからないが、AEWのレスラーたちが新日本の東京ドーム大会『レッスルキングダム』に参戦する計画がある」とのこと。

モクスリーやクリス・ジェリコ、ランス・アーチャーは新日本でもおなじみの存在ですし、ケニーは新日本でAEW設立のきっかけを作った存在です。彼らの参戦は新日本にとってもメリットが多いでしょう。東京ドームのリングに立つことを目指す新日本レスラーたちにとっては、競争が激しくなりそうです。

Jon Moxley's Bloody Victory Doesn't Stop Him from Wanting More | AEW Dynamite, 6/1/22

(Wrestling Observer, Cultaholic)

あわせて読みたい

リオ・ラッシュがWWE復帰をほのめかすような投稿を繰り返していることが話題に
新型コロナウイルスのパンデミックが起きたことによる経費削減のため、2020年にWWEから解雇されたリオ・ラッシュ。 インディシーンに復帰した後は新日本プロレスやAEWで活動していましたが、現在はフリーエージェントです。一時は肩...
【AEW】ボビー・フィッシュ「コルト・カバナはもうThe Dark Orderのメンバーではないと思っている」
ベテランレスラー、コルト・カバナ。2020年にAEWと契約した彼は、頻繁ではないものの番組内で一定の役割を演じ続けてきました。 しかし、ここ最近は出番が少なくなっています。社長のトニー・カーンは、彼がオーナーを務めるROHでカ...

ランキング参加中。

人気ブログランキング

にほんブログ村

タイトルとURLをコピーしました