スポンサーリンク

リオ・ラッシュがWWE復帰をほのめかすような投稿を繰り返していることが話題に

ニュース

新型コロナウイルスのパンデミックが起きたことによる経費削減のため、2020年にWWEから解雇されたリオ・ラッシュ。

インディシーンに復帰した後は新日本プロレスやAEWで活動していましたが、現在はフリーエージェントです。一時は肩の負傷を理由に引退も宣言した彼ですが、プロレスへの情熱は今も燃えているようです。

ここ最近、彼はInstagramでWWE時代の写真や動画を投稿していることが話題になっています。メインロースター時代に相棒だったボビー・ラシュリーや、WWE時代の活躍をまとめた動画(インディ時代のものも含むため、WWEを強く意識したものと限らない)を投稿していることが、WWE復帰をほのめかしているのではないか?と推測されています。

ビンス・マクマホンが引退し、HHHがクリエイティブの責任者になった後のWWEではビンス時代に解雇された選手たちの復帰が相次いでおり、ダコタ・カイやデクスター・ルミス、カリオン・クロスの復帰が話題になりました。ブレイ・ワイアットやサーシャ・バンクス、ナオミらの復帰に関する噂も報じられており、リオもここに加わるのではないか?と考えられているのです。

その可能性は十分にあるでしょうし、彼にとってHHHはNXT時代の上司。前回のメインロースターとしての活躍はラシュリーのマネージャー的な役割がメインでしたが、今度は選手として活躍できる可能性もあります。

Lio Rush SHOCKS Punishment Martinez in the 2016 Top Prospect Tournament!

あわせて読みたい

【WWE】ロード・ドッグがビンス・マクマホンとHHHのプロレス哲学の違いを語る。「ジョニー・ガルガノは、ビンスなら…」
ビンス・マクマホン引退、HHHがWWEのクリエイティブの責任者に就任。2022年のプロレス界最大のニュースは、WWEという業界最大手の団体に大きな影響を与えています。 HHHはビンスが価値を見出さなかったカリオン・クロスやダコ...
日本でも人気のアレックス・ゼインはどこかの団体と契約を結んでいるのか?
新日本プロレス「Best Of The Super Junior」に参戦し、日本のファンからもおなじみの存在となったアレックス・ゼイン。 オースチン・エースとの友情を育む様子もSNSでよく話題になっていました。どんどん日本語が...

ランキング参加中。

人気ブログランキング

にほんブログ村

タイトルとURLをコピーしました