スポンサーリンク

WWEは「ビンス・マクマホンの引退により、業績に重大な悪影響が及ぶ可能性がある」と考えている

ニュース

2022年7月にWWEからの引退を宣言したビンス・マクマホン。

今後は大株主として団体と関わっていくことになりますが、団体内部の人間ではなくなりました。クリエイティブはHHHが引き継ぎ、これまでとは異なる「HHH色」を少しずつ打ち出しています。

【WWE】ビンス・マクマホンがギュンター(ウォルターに)に見切りをつけて干そうとしていたと報じられる
WWEのメインロースターで活躍するのは大変なことです。 クリエイティブの責任者だったビンス・マクマホンに気に入られなければ、仮に気に入られたとしても、彼の興味を持続させることができなければスポットライトを当てられることはありま...
【WWE】復帰のカリオン・クロスがSmackDownの2番手ヒールに
HHHがクリエイティブの責任者に就任したことで、何人かの選手がWWEに戻ってきました。 SummerSlamではダコタ・カイ、SmackDown最新回ではカリオン・クロス&スカーレット。そして、RAWの最新回にはデクスター・ル...
【WWE】イヨ・スカイ(紫雷イオ)の残留はメインロースター契約が条件だった?
PPV「SummerSlam」でベイリー & ダコタ・カイと共に登場し、メインロースターに昇格したイヨ・スカイ(紫雷イオ)。 日本女子プロレス界のトップスターとして2018年にWWEへ入団すると、NXTでNXT女子王座...

先日、WWEは米国証券取引委員会に財務関係の書類を提出しました。その中には、WWEが考える「ビンス・マクマホン引退の影響」が記されていたようです。

ミスター・マクマホンの退任に伴い、当社のタレント・リレーション部門およびクリエイティブ担当エグゼクティブ・バイス・プレジデントであり、ステファニー・マクマホンの夫で、WWEで数十年の経験を持ち、テレビやライブイベント、選手たちの監督など、あらゆる側面で重要な役割を果たしているポール・レベスク氏(HHH)が団体のクリエイティブを主導することになります。

レベスク氏は当社の多くの収入源について幅広い実務経験を持ち、ミス・マクマホンと共に過去数年間の当社の事業改革と継続的なブランド開発に深く関与してきました。しかし、当社の組織のトップにおける集団経営の変化は広範囲かつごく最近起きたことであるため、ミスター・マクマホンによる貢献が喪失したことで、人気キャラクターや創造的なストーリーラインを生み出す当社の能力に重大な悪影響を及ぼす可能性があります。また、当社の事業や財務実績への悪影響も懸念されます。

賛否両論ありましたが、ビンスは数多くのスターを排出し、WWEを世界規模の団体に成長させた張本人です。彼がいなくなることによる影響は決して少なくありません。

HHHはファンから信頼されている人物なので最初のうちは期待優先で不満も出ないでしょうが、そのうち歪みも生じるでしょう。ビンスという偉大すぎるカリスマがいなくなったWWEは今後どうなっていくのでしょうか?

WhatCulture

あわせて読みたい

リオ・ラッシュがWWE復帰をほのめかすような投稿を繰り返していることが話題に
新型コロナウイルスのパンデミックが起きたことによる経費削減のため、2020年にWWEから解雇されたリオ・ラッシュ。 インディシーンに復帰した後は新日本プロレスやAEWで活動していましたが、現在はフリーエージェントです。一時は肩...
【AEW】ボビー・フィッシュ「コルト・カバナはもうThe Dark Orderのメンバーではないと思っている」
ベテランレスラー、コルト・カバナ。2020年にAEWと契約した彼は、頻繁ではないものの番組内で一定の役割を演じ続けてきました。 しかし、ここ最近は出番が少なくなっています。社長のトニー・カーンは、彼がオーナーを務めるROHでカ...

ランキング参加中。

人気ブログランキング

にほんブログ村

タイトルとURLをコピーしました