スポンサーリンク

AEW若手レスラーがCMパンク & ヤング・バックスらの大喧嘩にコメント。「俺のヒーロたちが喧嘩してるなんて信じられない」

ニュース

CMパンクによる副社長たち(ヤング・バックス & ケニー・オメガ)への激しい批判が発端となったバックステージでの大喧嘩。

関与した全員に出場停止処分が下され、パンクは退団の可能性まであったとされています。すべてのAEW関係者にとってショッキングな出来事でした。そして、ロースターたちの間にも衝撃が広まっていたようです。

Youtube番組「Cafe de Rene」にゲスト出演したブライアン・ピルマン・ジュニアは、パンクらによる大喧嘩についてコメントを求められました。まず、喧嘩が起きた時に副社長側に付いたかパンク側に付いたか、という質問に対し、彼は「その場にいなかったから選ぶことができない」と返答。そして、次のようにコメントしました。

正直、その場にいたわけでもないのに、頭が真っ白だね。[…]俺のヒーローたちがお互いに喧嘩しているなんて、信じられない。

AEWで働いている時は、ただそこにいることが幸せだと思うようにしている。誰かを怒らせたり、殴られるようなことはしないようにしているよ。

パンクも副社長たちも、若手レスラーたちに与えた影響は計り知れないものがあります。そんな彼らの大喧嘩は、若手たちにとって辛いものだったでしょう。

【AEW】ネガティブな噂が飛び交うAEW。バックステージの雰囲気はどうなっているのか?
CMパンクの諸問題やサンダー・ロサのバックステージ・ヒート、トニー・カーン社長と一部レスラーの間のコミュニケーション不足と軋轢。ここ最近のAEWはネガティブな話題が目立ちます。 Dynamiteは相変わらず好調で名勝負も頻繁に...

The AEW World Champion CM Punk is Back & Has His Sights Set on Jon Moxley | AEW Dynamite, 8/17/22

Wrestling Inc

あわせて読みたい

ブレイ・ワイアットとWWEが復帰に向けて話し合っていたと報じられる
2021年にWWEから解雇されたブレイ・ワイアット。 業界を代表するエンターテイナーだった彼は、団体の最高責任者ビンス・マクマホンとの間にかなり複雑な関係があったとされており、ビンスがWWEにいる限り復帰は絶望的だと考えられて...
マラカイ・ブラックがAEWへのリリース要求を認める。「約束が守られない、ということが重なった結果」
2021年にWWEから退団してAEWへ移籍したマラカイ・ブラック。 ユニット「House of Black」のリーダーとして活動していましたが、ブッキングへの不満や私生活の問題を抱えており、AEWへリリースを要求したと報じられ...

ランキング参加中。

人気ブログランキング

にほんブログ村

タイトルとURLをコピーしました