スポンサーリンク

ブレイ・ワイアットとWWEが復帰に向けて話し合っていたと報じられる

ニュース

2021年にWWEから解雇されたブレイ・ワイアット。

業界を代表するエンターテイナーだった彼は、団体の最高責任者ビンス・マクマホンとの間にかなり複雑な関係があったとされており、ビンスがWWEにいる限り復帰は絶望的だと考えられていました。

しかし、ビンスが引退し、HHHが現場の責任者になった後のWWEは過去に解雇された選手たちを次々と連れ戻しており、ワイアットもこの流れに乗ることが期待されていました。

レスリング・オブザーバーによれば、彼とWWEは復帰に向けて話し合っていたそうです。一時は行き詰まったものの、決裂したわけではないとのこと。復帰の可能性は残されています。

彼がWWEから退団した後、いくつかの団体が彼にオファーを出したと報じられましたが、彼の希望する年俸が高かったことからどの団体も契約をまとめることはできませんでした。プロレス愛は健在のようですし、彼が最も輝けるのはWWEでしょう。

Bray Wyatt’s most horrifying moments: WWE Top 10, July 5, 2020

(Wrestling Observer, SESCOOPS)

あわせて読みたい

WWEはベルベティーン・ドリームの復帰に興味なし
WWEへの復帰を願いながらも複数の不祥事が報じられているベルベティーン・ドリーム。 WWE在籍時には未成年との不適切なやり取りが告発され、退団後の2022年8月に2度逮捕され、最近はEC3からトイレ盗撮の告発がありました。8月...
【新日本プロレス】ウィル・オスプレイがケニー・オメガを語る。「彼と戦いたいと思わないのは愚かなこと」
新日本プロレスのトップ外国人レスラーとして活躍していたケニー・オメガ、そして今まさにトップレスラーとして大活躍中のウィル・オスプレイ。 2人はネット上でケンカすることが多く、お互いに挑発したり、メディアに想いを語ることが多い関...

ランキング参加中。

人気ブログランキング

にほんブログ村

タイトルとURLをコピーしました