スポンサーリンク

レジェンドレスラー、ブレット・ハートがとあるインディ団体の運営に深く関与していると報じられる

ニュース

90年代のプロレス界を代表するトップスターだったブレット・ハート。

引退から随分と時間が経った今も現役レスラーたちからのリスペクトを受ける彼ですが、引退後はプライベートを重視した生活を過ごしており、どこかのプロレス団体で精力的に働く、といった事はこれまでにほとんどありませんでした。

メディア露出も決して多くはありませんが、現在も彼はプロレス界の一員で、このビジネスの繁栄に貢献し続けています。

レスリング・オブザーバーによれば、彼は息子のブレードとダラスが設立したカナダ・カルガリーのインディ団体「Dungeon Wrestling」に深く関与しているのだとか。

団体のショーはブレットの父スチュが運営していた団体スタンピード・レスリングに回帰したもので、現地10月29日には設立後2度目のショーが開催されました。ニック・オールディスやハリー・スミス(デイビーボーイ・スミス・ジュニア)、ボリウッド・ボーイズ、ブライアン・ピルマン・ジュニアらが参加しています。

ハート・ファミリーが運営する団体ということもあり、レスラーたちからは特別な存在だと見なされるであろう団体のサポートをする仕事は、ブレットにとってきっと楽しいものでしょう。

Bret Hart retrospective

(Wrestling Observer, Cultaholic)

あわせて読みたい

【AEW】トニー・カーン社長が柴田勝頼参戦の裏側を語る。「AEW、新日本プロレス、そして柴田が興味を持っていた」
Rampage最新回でオレンジ・キャシディの持つAEWオールアトランティック王座に挑戦した柴田勝頼。 約5年ぶりのタイトル挑戦となった彼は、やはり柴田らしい試合を見せてくれました。頭部への攻撃を受ける姿も見せ…ファンはヒヤヒヤ...
【WWE】アーン・アンダーソンが「プロデューサーの仕事が嫌だった」理由とは?
WWEには多くのプロデューサーが在籍しており、彼らが試合を作っています。 PPVのビッグマッチを任されるようなプロデューサーは評価が高く、団体のクリエイティブには欠かせない存在だと言えます。彼らは団体間を行き来することもあり、...

ランキング参加中。

人気ブログランキング

にほんブログ村

タイトルとURLをコピーしました