スポンサーリンク

【WWE】アーン・アンダーソンが「プロデューサーの仕事が嫌だった」理由とは?

インタビュー

WWEには多くのプロデューサーが在籍しており、彼らが試合を作っています。

PPVのビッグマッチを任されるようなプロデューサーは評価が高く、団体のクリエイティブには欠かせない存在だと言えます。彼らは団体間を行き来することもあり、レッスルマニアのメインイベントを任された実績のあるパット・バックが2022年にWWEからAEWへ移籍したこともあります。

大変な仕事ですし、席は限られているので、「なりたい」と思ってもなれないパターン(アリーヤ・デバリなど)もあります。しかし、中には「こんな仕事は嫌だ」と辞めてしまう人も。アーン・アンダーソンは後者でした。彼は自身のPodcast番組で「WWEでのプロデューサーの仕事」について語りました。

真実を知りたいか?俺はあの仕事が嫌だったね。俺になんの権限もない試合を任されるのは勘弁してほしかった。そういう試合でも、結果の責任は俺にあるんだからね。試合の中で語られるストーリーや選手の動きが悪かったりすると、ビンス・マクマホンから尻を噛まれたものだよ。

一から十まで任せてくれればいいんだ。決まっていることではなく、俺が「こうしたい」と思うことをやらせてくれた上で理に適った内容にさせてくれって話でね。フェアじゃないんだよな。セグメントへの責任をすべて押し付けられるのに、俺がやりたいことはできなくて、団体の意思だけが反映されるなんてのは問題があるよ。

管理職のつらさですね…。

WrestlingNews.co

あわせて読みたい

【AEW】柴田勝頼がブライアン・ダニエルソンとの対戦を希望していると報じられる
ドリームマッチが実現するかもしれません。 現地11月2日に放送されたAEW・Dynamiteでは、新日本プロレスの柴田勝頼がオレンジ・キャシディの持つAEWオールアトランティック王座に挑戦表明し、それが認められるというシーンが...
ジェフ・ジャレットがAEW入団。TNA創設者、元WWE幹部
21世紀のプロレス界において、ジェフ・ジャレットの存在は欠かせません。 TNAの創設者としてインディシーンを牽引し、WWEではビンス・マクマホンのもとで団体幹部として働いていた時期もあります。経験豊富な彼はあらゆる役割でプロレ...

ランキング参加中。

人気ブログランキング

にほんブログ村

タイトルとURLをコピーしました