スポンサーリンク

【WWE】立て続けの大量解雇、投資家たちはどう考えているのか?

ニュース

ここ最近、WWEは人員削減に熱心です。高額年俸を受け取っている選手だけではなく、スタッフたちに対してもリストラを宣告しています。

【WWE】今回の大量解雇、バックステージでの衝撃が一番大きかったのはルビー・ライオットだったと報じられる
今日、WWEは6人の所属選手を解雇されました。ファンにとってもっとも驚きだったのはブラウン・ストローマンでしたが、バックステージでは彼ではなかったようです。 Fightfulによれば、解雇の衝撃が一番大きかったのはルビ...
WWEで大規模な人員削減が行われ、多くのスタッフが解雇される
先日、WWEは2年連続で所属選手の大量リストラを敢行しました。 そして今日、さらなる人員削減として、多くのスタッフが解雇されたとPWInsiderが報じています。1つの記事ではなく、何本もの記事を配信していることから、...

こうした動きから、「WWEは身売りするのでは?」という憶測が飛び交いました。ビンスも75歳だし、これ以上団体経営を続けるつもりはないのでは……といった意見もありましたね。

ただ、こうした憶測に対して「ありえない」という反論も出ています。Wrestlenomicsのブランドン・サーストンはその1人です。以前、彼は連続ツイートで次のような意見を述べていました。

  • ニック・カーン社長は、スポーツ記者に対して「ビンスは団体を売る気がない」と指摘した
  • WWEは数年ごとに人員削減を繰り返してきた
  • AEWへの人材流出を恐れ、WWEは選手たちの囲い込みを推進してきたが、この策はAEW対策以外の何の効果もない。カーン社長は、これが費用対効果に見合わないと考えているかもしれない

選手の囲い込みやNXTなどのAEW対策には膨大なコストがかかりましたが、それほどの効果はありませんでした。少しずつもとに戻っているのだ、とサーストンは主張しています。

今日、彼はTwitterである取材結果を報告しました。WWEに投資している5人の投資家たちに話を聞いたところ、彼らは「WWEが身売りする」とはまったく考えていなかったそうです。もし何らかの動きを察知すれば、彼らは行動を取るでしょう。動きがないということは、「ない」のだ、というのが今回の彼の主張です。

(Wrestling Inc)

あわせて読みたい

【AEW】NWAオーナーのビリー・コーガンが語る「プロレス界におけるAEWトニー・カーン社長の影響力」
人気バンド「スマッシング・パンプキンズ」のフロントマンにして、プロレス団体NWAのオーナーでもあるビリー・コーガン。TNAやインパクト・レスリングでクリエイティブ・チームの一員として働いたり、2017年にNWAを買収したりと、彼は約20年間...
【WWE】女性選手限定PPV「Evolution」はもう二度と開催されない?マリア・ケネリス「注目を集めるためのPRだった」
2018年10月に開催されたWWE史上初の女性選手限定PPV「Evolution」。ベッキー・リンチの大ブレイクやロンダ・ラウジーの存在など、当時のWWEの女性戦線の盛り上がりを象徴するイベントでした。 残念ながら、現時点では...
タイトルとURLをコピーしました