スポンサーリンク

【AEW】トニー・カーン社長が柴田勝頼参戦の裏側を語る。「AEW、新日本プロレス、そして柴田が興味を持っていた」

ニュース

Rampage最新回でオレンジ・キャシディの持つAEWオールアトランティック王座に挑戦した柴田勝頼。

約5年ぶりのタイトル挑戦となった彼は、やはり柴田らしい試合を見せてくれました。頭部への攻撃を受ける姿も見せ…ファンはヒヤヒヤでしたが、現場が問題なしと判断したのであれば、みんな納得していたのでしょう。

【AEW】柴田勝頼VSオレンジ・キャシディwithマイク・タイソン!タイトルマッチは個性を生かした死闘に
柴田勝頼がAEWのタイトルに挑戦する。数年前では考えられなかった出来事が現実になりました。 今日放送されたAEW・RampageのオープニングマッチはAEWオールアトランティック王座のタイトルマッチ王者オレンジ・キャシディが柴...

試合に先駆けて、AEWのトニー・カーン社長は柴田のAEW参戦の裏側をSports Illstratedに語りました。

AEW、新日本プロレス、そして柴田の三者が興味を示していたんだ。俺は柴田の大ファンで、新日本のオフィスとも良好な関係を築いている。Forbidden Door(2022年5月開催のAEWと新日本の合同興行)に向けた取り組みの中で、柴田がAEWの大ファンだということを知ったんだよ。「AEWで戦うことにとても興味がある」とも思ってくれている、ってね。

俺は大興奮したよ。彼は21世紀のトップレスラーの1人だし、復帰に向けた素晴らしいストーリーもある。カムバックの次のステージがAEWのオールアトランティック王座への挑戦だなんて、ワクワクが止まらないね。

彼はブライアン・ダニエルソンとの試合も望んでいるんだ。もし彼がオレンジ・キャシディに勝てば、2人の試合はタイトルマッチになるかもしれないね。

The All-Atlantic Dream Match is Set Between Orange Cassidy and Shibata | AEW Dynamite, 11/2/22

SI

あわせて読みたい

【WWE】アーン・アンダーソンが「プロデューサーの仕事が嫌だった」理由とは?
WWEには多くのプロデューサーが在籍しており、彼らが試合を作っています。 PPVのビッグマッチを任されるようなプロデューサーは評価が高く、団体のクリエイティブには欠かせない存在だと言えます。彼らは団体間を行き来することもあり、...
【AEW】CMパンクはどのように若手レスラーたちのサポートをしていたのか?
2021年にプロレス界へ復帰したCMパンクは、若手レスラーたちと一緒に仕事をすることを望んでいました。 ダービー・アリンやパワーハウス・ホブス、リッキー・スタークスらを高く評価していた彼は、ベテランレスラーとして若手レスラーた...

ランキング参加中。

人気ブログランキング

にほんブログ村

タイトルとURLをコピーしました