スポンサーリンク

【WWE】カール・アンダーソン&ルーク・ギャローズが復帰の背景を語る。「8月にHHHから連絡があった」

ニュース

2020年以来のWWE復帰を果たしたカール・アンダーソンとルーク・ギャローズ。

新日本プロレスに参戦中で、アンダーソンはNEVER無差別級王座を保持しながらの古巣復帰。その背景には何があったのでしょうか?

Podcast番組「After The Bell」にゲスト出演した2人は、復帰にあたってHHHが大きな役割を果たし、ある時期に彼から連絡があったことを明かしました。

ギャローズ:俺たちはインパクト・レスリングで2年間を過ごした。感謝しているよ。いい時期だったからね。ただ、俺たちはバッテリーを充電し直したかった。日本で激しくやりたかったんだよね。俺たちは、2023年を迎えるまで日本でやって、それからどうしようか決めよう、と思っていたんだ。

俺たちは(8月に)ダラスでモーター・シティ・マシンガンズと試合をしたんだけど、その頃に(HHHから)「やあみんな、話がしたいんだ」と連絡があってね。

俺たちは、(WWEで)自分たちに何ができるのか、何をしたいのか、どうなるのかわからなかった。前に退団した時は色々あったからね。でも、電話で話をしたら、団体に新しい雰囲気があって、どれだけポジティブなことで満ちているのかがわかった。そこから、次から次へと進んでいったんだ。

アンダーソン:俺たちはHHHと非常に良好な関係を築いていてね。2019年に俺たちの契約が切れそうになった時、再契約したのは彼のおかげだった。俺たちはいい関係で、だからこそ彼は俺たちが2020年に解雇されたときに怒りを抱いたんだと思う。

Gallows and Anderson return to help AJ Styles against The Judgment Day: Raw, Oct. 10, 2022

Cultaholic

あわせて読みたい

【新日本プロレス】英語実況アナウンサーのケビン・ケリーが新団体設立を発表
新日本プロレスワールドの英語実況席でアナウンサーとして活躍しているケビン・ケリー。 海外のプロレファンにとってはお馴染みの存在で、彼の仕事ぶりは高く評価されています。新日本を素晴らしさを英語で伝えるという仕事の最前線で団体に貢...
NWAの顔だったニック・オールディスがNWAを批判。「最も有害なブランドになった」
ビリー・コーガン(人気ロックバンド、スマッシング・パンプキンズのフロントマン)がオーナーを務めるNWA。 団体はニック・オールディスが顔となって地道に活動を続けてきましたが、現在、2人の間に亀裂が入っています。 オールデ...

ランキング参加中。

人気ブログランキング

にほんブログ村

タイトルとURLをコピーしました