スポンサーリンク

MJF「AEWに影を落としているのはクソッタレの連中。俺たちは暗闇から光のなかへ足を踏み入れる」

インタビュー

2021年のAEWはポジティブな話題が多く、とても勢いに乗っていました。

もちろん諸問題もかかえていましたが、ブライアン・ダニエルソンや CMパンクといった超大物が入団したり、若手たちが台頭したりと、全国放送のコンテンツとしての成熟を感じさせる一年でした。

しかし、2022年はゴシップが多く、ネガティヴさを感じさせるようなことがよく聞こえてきました。ジェフ・ハーディーの飲酒運転やトニー・カーン社長と一部レスラーのコミュニケーション不足、CMパンクとヤング・バックス&ケニー・オメガの大喧嘩は特にネガティブな話題だったと思います。

9月以降、MJFはAEW世界王座チャンピオンのパンクと抗争する予定でしたが、パンクが先述の大喧嘩で出場停止処分を受けたことにより計画は変更され、新チャンピオンになったジョン・モクスリーとの抗争を続けています。PPV「Full Gear」での決戦を前に、彼はTwitterでこんな発言をしています。

AEWに影を落としているのはクソッタレどもだ。俺たちは、暗闇から光のなかへ足を踏み入れようとしている。これまで以上に近づいているんだ。ロースターとプラットフォームはある。必要なのは、安定、変化、リーダーシップだ。悪魔が必要だ。準備はできてるよ。

MJF Returns & Proves Why He is the Salt of the Earth | AEW Dynamite, 9/7/22

あわせて読みたい

【WWE】HHHがマット・カルドナ&チェルシー・グリーンの再獲得に興味を持っていると報じられる
多くの元WWEスーパースターを呼び戻しているHHH。 ビンス・マクマホン時代に評価を得られなかったものの、HHHは独自に評価しているというケースは少なくありません。ブレイ・ワイアットのように、ビンスとの間に個人的な問題を抱えて...
AEWとの契約前、クリス・ジェリコはトニー・カーンの資質を疑問視していた。「会って意見が変わったよ」
2019年に設立したAEWにとって、元WWEのビッグスターであるクリス・ジェリコとの契約を得たのは大きな出来事でした。 プロレスだけではなく、さまざまなフィールドで高い知名度を誇り、そしてAEW設立の引き金にもなった2018年...

ランキング参加中。

人気ブログランキング

にほんブログ村

タイトルとURLをコピーしました