スポンサーリンク

AEWとの契約前、クリス・ジェリコはトニー・カーンの資質を疑問視していた。「会って意見が変わったよ」

インタビュー

2019年に設立したAEWにとって、元WWEのビッグスターであるクリス・ジェリコとの契約を得たのは大きな出来事でした。

プロレスだけではなく、さまざまなフィールドで高い知名度を誇り、そしてAEW設立の引き金にもなった2018年に新日本プロレス「レッスルキングダム12」でのケニー・オメガ戦を戦ったジェリコ。

今やAEWに欠かせない存在で、全盛期を思わせるような活躍ぶりを見せています。55歳になるまでの長期契約にも合意し、今後はプロデューサーやクリエイティブ・アドバイザーとしても団体に貢献していきます。

AEWがクリス・ジェリコとの新契約に合意。契約期間は2025年末まで
先日はジョン・モクスリーとの契約延長を発表したAEWが、新たに大物との契約をまとめました。 今日、AEWは重鎮クリス・ジェリコとの新契約に合意したと発表しました。契約期間は2025年12月まで。プロデューサーやクリエイティブ・...

ESPNの番組にゲスト出演した彼は、2019年にAEWと契約を結ぶ前、のちに団体の社長となるトニー・カーンの資質に疑問を抱き、大富豪一家の青年が大規模なプロレス団体を運営していくことに懐疑的だったことを明かしました。

プロレス団体を立ち上げるのに、どれほどの大金が必要になると思う?若く新鮮で、これから経験を積んでいくレスラーを探すのがどれほど大変か。テレビ局との番組契約を結ぶのがいかに難しいことか。

トニー・カーンはそれに気づいていたんだ。実際に彼と会って話をした後、俺は思った。「うわ、これは何か起こるかもしれないぞ」って。それで、俺もこのプロジェクトに興味を持ち始めたんだよね。

Jericho Vows to Eviscerate Every ROH Champion, Commentator & Ring Announcer | AEW Dynamite, 9/28/22

Wrestling Inc

あわせて読みたい

リオ・ラッシュが語る「俺がWWEで『生意気だ』と勘違いされてしまった理由」
WWE時代のリオ・ラッシュは素行の悪さが問題視されることがありました。 バックステージでの振る舞いが同僚たちの顰蹙を買い、立場が危うくなっていると報じられたことも。彼のメインロースターとしての活動は、こうした面もあってなかなか...
【WWE】カール・アンダーソン&ルーク・ギャローズが復帰の背景を語る。「8月にHHHから連絡があった」
2020年以来のWWE復帰を果たしたカール・アンダーソンとルーク・ギャローズ。 新日本プロレスに参戦中で、アンダーソンはNEVER無差別級王座を保持しながらの古巣復帰。その背景には何があったのでしょうか? Podcast...

 

ランキング参加中。

人気ブログランキング

にほんブログ村

タイトルとURLをコピーしました