スポンサーリンク

CMパンクは今もAEWと契約中だが、気持ちは既に離れている?

ニュース

PPV「ALL OUT」終了後のバックステージで起きたCMパンクとヤング・バックス&ケニー・オメガの大喧嘩は、団体のクリエイティブに大きな影響を与えました。

彼らには出場停止処分が課され、ケニーらは復帰しましたが、パンクは復帰しないまま退団するというのが最も実現する可能性の高いシナリオになっているようです。

レスリング・オブザーバーによれば、パンクは今もAEWとの契約下にあり、AEWから賃金を受け取っているとのこと。退団に至っていないのは、パンクが契約を買い取って退団する、いわゆるバイアウトに向けた動きがAEW側で滞っているからのようです。

しかし、パンク側はAEWと縁を切り、新しいプロジェクトに関与していく準備をしているのだとか。

復帰したケニーらは試合中にパンクを揶揄するムーブを披露し、これが将来的な4人の構想につながっていくのではないか、という憶測を呼ぶことになりました。しかし、メルツァーにによれば、4人が一緒に働く可能性はゼロとのこと。関係修復は不可能なのでしょうね…。

Was CM Punk Able to Keep Undefeated Streak Alive Against Matt Sydal? | AEW Rampage, 10/15/21

(Wrestling Observer, Cultaholic)

あわせて読みたい

【AEW】ウィリアム・リーガル卿は「WWEでHHHが現場復帰したら退団できる」という契約を結んでいた?
ここ最近の不可解なストーリーにより、AEWからの退団が予想されているウィリアム・リーガル卿。 手塩にかけて取り組んできたユニットBlackpool Combat Clubの中心人物であるジョン・モクスリーへの裏切り、MJFへの...
【WWE】マット・ハーディーがクリス・ベノワの死を振り返る。「選手ミーティングに、アンダーテイカーがゆっくりやってきた」
2007年、WWEのクリス・ベノワが自ら命を経ちました。 自殺の直前に、彼は一家心中を図り、家族を手にかけました。この事件はアメリカで非常に大きな話題となり、自殺の要因として噂されたステロイドの副作用による鬱の恐ろしさなどが取...

ランキング参加中。

人気ブログランキング

にほんブログ村

タイトルとURLをコピーしました