スポンサーリンク

【AEW】ウィリアム・リーガル卿は「WWEでHHHが現場復帰したら退団できる」という契約を結んでいた?

ニュース

ここ最近の不可解なストーリーにより、AEWからの退団が予想されているウィリアム・リーガル卿。

手塩にかけて取り組んできたユニットBlackpool Combat Clubの中心人物であるジョン・モクスリーへの裏切り、MJFへの寝返り、そしてMJFからの襲撃。これらは、すべてリーガル卿の退団を示唆しているのではないかと噂されています。

【AEW】ウィリアム・リーガル卿の退団の噂が加熱。早ければ今月にもWWEへ復帰する?
2022年1月にWWEから解雇され、AEWへ移籍したウィリアム・リーガル卿。 AEWでの彼は、ジョン・モクスリーとブライアン・ダニエルソンを中心としたユニット「Blackpool Combat Club」のメンターとして精力的...

レスリング・オブザーバーのブライアン・アルバレスは、一連の流れからして、MJFから攻撃を受けてノックアウトされたのが彼のAEWでの最後の出番になるだろう、と指摘。はっきりとした証拠はないものの、退団の可能性は高そうです。

2022年3月にAEWと契約し、現在は3年契約の最中とされるリーガル卿。アルバレスは、彼がAEWと契約した時、「もし WWEでHHHが現場に復帰したら、AEWから退団できる」という内容を含めていた…という噂がWWE内部で流れている、とも報じました。

これが事実であれば、彼はHHHのためにAEWを去ることになります。そうであれば、行き着く先がWWE復帰なのは明らかですね。

Regal sends Undisputed ERA to War with McAfee & company: WWE Network Exclusive, Nov. 18, 2020

(Wrestling Observer, WrestlingNews.co)

あわせて読みたい

【AEW】ダックス・ハーウッドがCMパンクを擁護。「すべては情熱によるもの。プロレスが大好きなんだ」
バックステージで起こした諸問題により、CMパンクは業界内の支持者を失っています。 AEWのロッカールームでは彼の評判は地に落ち、信用を回復できないまま退団することが有力視されています。しかし、味方が1人もいないわけではありませ...
【AEW】トニー・カーン社長はレスラーがインディ団体への参戦で負傷したらどうリアクションするのか?
WWEとは異なり、AEWの一部レスラーはインディ団体への参戦が許可されています。 インディシーンのファンにとって、テレビ番組で活躍するようになったレスラーが馴染みの団体に参戦したり、インディならではの刺激的なブッキングがあった...

ランキング参加中。

人気ブログランキング

にほんブログ村

タイトルとURLをコピーしました