スポンサーリンク

【WWE】カムバックを狙うビンス・マクマホン。バックステージはネガティブな反応に満ちている

ニュース

性的非行や口止め料の支払いといったスキャンダルが原因でWWEから引退したビンス・マクマホン。

ステファニー・マクマホン、ニック・カーン、そしてHHHが指揮をとるようになった新時代のWWEはバックステージの労働環境が著しく改善し、スタッフたちは士気が上がっていると報じられています。

現場の責任書であるHHHはリーダーシップがとても高く評価されており、ビンス引退後のWWEをしっかりと引っ張っています。

しかし、ウォール・ストリート・ジャーナルがビンスの新たな性的スキャンダルと共に現場復帰を狙っていることを報じ、大きな話題になりました。生まれ変わりの時期にまたビンスが戻ってくるとなると、HHHが築こうとしている新しい文化は崩壊するでしょう。

WWEのバックステージで働く10名以上の人物に取材したFightfulは、彼らからネガティブな反応を引き出しました。HHHが連れ戻したカリオン・クロスらの将来を心配する人もいれば、「ビンスが復帰すれば、WWEというブランドに取り返しのつかないダメージがある」と予想した上で、ビンスの家族が引退したままにすることを本人に薦めるだろう、と考えているスタップもいるとか。

今後のWWEのことを考えれば、HHHに任せるのが一番ではないかと思いますが…。

Vince McMahon is Insane

(Fightful, SESCOOPS)

あわせて読みたい

【WWE】とある元スタッフのAEW入団に対し、WWE内部で「AEWの今年最大の契約だ」と大絶賛する声が上がっている?
プロレス界で経験を積んだベテランは、どのような形でキャリアを築き上げたにせよ重宝されるものです。優秀な人物ならなおさら。 最近、AEWはマイケル・マンスリーという人物と契約し、上級副社長&共同エグゼクティブ・プロデューサーとい...
【WWE】ビンス・マクマホンが2022年1月のウィリアム、リーガル卿解雇時に彼の他団体移籍をサポートしていたことが明らかに「絶対行け」
2022年1月、WWEはHHH時代のNXTで主要な枠割を演じていたスタッフたちを解雇しました。その中には、GMを務めたウィリアム・リーガル卿も含まれていました。 3月、彼はライバル団体のAEWへ移籍。ジョン・モクスリーやブライ...

ランキング参加中。

人気ブログランキング

にほんブログ村

タイトルとURLをコピーしました