スポンサーリンク

ドラゴン・リーがWWEと契約

ニュース

新日本プロレスやROHなどでの活躍で日本でもよく知られるドラゴン・リー。

高い身体能力を活かしたパワフルでスピーディーなスタイルはプロレスファンを魅了し、高い人気を得ています。

そんな彼は、キャリアにおける大きな決断を下しました。AAAのショーで行われたAAAタッグ王座戦において、ドラリスティコとのタッグチームでチャンピオンのFTRに勝利した後、彼がWWEと契約し、2023年1月からNXTでの活動を開始することが明かされたのです。

2人は獲得したばかりのタイトルを返上。報道によれば、リーはAAAに対してかなり前にWWEとの契約意思を伝えていたのだそうです。ESPNのインタビューで、リーは「次世代のレイ・ミステリオになること」を望んでいることを明かしました。

新天地での活躍が楽しみです。

Dragon Lee vs Will Ospreay: FULL MATCH! (ROH Manhattan Mayhem 2017)

(Wrestling Observer)

あわせて読みたい

【AEW】ランス・アーチャーが不遇への不満と再浮上への思いを語る。「みんなとケツを蹴り合いたい」
2020年にAEWへ入団したランス・アーチャー。 マネージャーのジェイク・ロバーツと一緒に一定の出場機会を得ていた時期もありましたが、最近は出番が減り、古巣の新日本プロレスへ参戦した際にAEWからのブッキングに対する不満をぶち...
【WWE】ビンス・マクマホンは「レスラーを契約途中で解雇しないオプション」の導入に1人だけ猛反対していた
WWEでは、選手が契約途中で解雇されることが珍しくありませんでした。 特に、ビンス・マクマホンが最高責任者を務めていた2022年7月までは定期的に選手を契約途中でリリースしていました。しかし、ビンスが引退し、HHHが現場の責任...

ランキング参加中。

人気ブログランキング

にほんブログ村

タイトルとURLをコピーしました