スポンサーリンク

【WWE】ビンス・マクマホンは「レスラーを契約途中で解雇しないオプション」の導入に1人だけ猛反対していた

ニュース

WWEでは、選手が契約途中で解雇されることが珍しくありませんでした。

特に、ビンス・マクマホンが最高責任者を務めていた2022年7月までは定期的に選手を契約途中でリリースしていました。しかし、ビンスが引退し、HHHが現場の責任者に就任した後、WWEはビンス時代に解雇された選手たちを次々と連れ戻しています。

Fightfulによれば、WWE内部でもノーカット条項(選手が契約途中で解雇されないことを保証するオプション)を選手の契約に盛り込むことが検討されたいたことがあり、ビンス以外の上層部たちは導入にオープンな態度を取っていたとのこと。

ビンス引退後に共同CEOに就任することになるニック・カーン社長もさん製だったようですが、決議の最終決定権を持つビンスは猛反対し、導入には至らなかったのだとか。

ある関係者は、ビンスの問題は「自分の考えに固執すること」だったと指摘しています。ビンス時代に選手たちが安心して活動するのは難しいことでした。

Mr. McMahon addresses the WWE Universe: SmackDown, June 17, 2022

(Fightful, 411MANIA)

あわせて読みたい

ジェイク・ロバーツ「ヘビを持ってアントニオ猪木を追いかけ回したら、もう日本に呼ばれなくなった」
レジェンドレスラーのジェイク・ロバーツ。 DDTをフィニッシャーとして普及させ、独自のヒール路線でのちの世代に大きな影響を与えた偉人です。彼はアメリカだけではなく日本でも活動しており、国際プロレスや新日本プロレスに参戦していま...
【AEW】ダックス・ハーウッドがCMパンク騒動を語る。「お願いだから解決して…プロレス界の未来のために」
AEWで名タッグチーム「FTR」のメンバーとして活躍するダックス・ハーウッドは、バックステージでの評判が地に落ちたとされるCMパンクの擁護者の1人です。 彼らは良好な関係を築いており、Dirt Sheetによって語られることの...

ランキング参加中。

人気ブログランキング

にほんブログ村

タイトルとURLをコピーしました