スポンサーリンク

【新日本プロレス】 AEWトニー・カーン社長が「Forbidden Door開催における新日本の苦悩」を語る

インタビュー

2022年5月に開催された AEWと新日本プロレスの合同興行「Forbidden Door」は、世界中のプロレスファンを満足させる素晴らしいショーとなりました。

両団体は第二弾の開催を望んでおり、実現はほぼ間違いないと言っていいでしょう。日本で開催されることになるかどうかは不明ですが、今後も両団体のクロスオーバーは続きそうです。

AEWのトニー・カーン社長は、PPVをアメリカで開催するという新日本の苦労をよく知っています。Fightfulのインタビューの中で、彼は次のように語りました。

あのショーは素晴らしかったね。第二弾開催に向けて変更するところはないよ。とても素晴らしいし、できなかったこと(CMパンクVS棚橋弘至、ブライアン・ダニエルソンCAザック・セイバー・ジュニアのドリームマッチなど)が実現できればよかったとは思うけど、完璧なエンディングだったし、 AEWにとって素晴らしいイベントになった。

ショーの開催において直面したすべての変化に対応するのは挑戦だった。でも、冷静に対処し、2団体で素晴らしいカードを用意できた。新日本にとって、アメリカでPPVを開催するという同じような経験はこれまでになかったと思うし、人を呼ぶための方法もわからなかったと思う。

「日本からレスラーをアメリカへ送ってテレビに出し、試合の構築をしなきゃならない」ということはアドバイスしたよ。挑戦だった。自分たちの国で団体を運営しながら他国でもPPVをやることの難しさなんて、俺には想像もできないよ。

新日本プロレスにとってはハードなことだったけど、よくやったと思う。棚橋とウィル・オスプレイが AEWのテレビ番組に出て、素晴らしい活躍を見せ、いい数字も残した。新日本プロレスが持つスターの力が見えたよね。彼らのスターは大きな力を持っているよ。 AEWにとっても素晴らしいことをしてくれた。

“The Rainmaker” Kazuchika Okada Makes His First Ever AEW Appearance! | AEW Dynamite, 6/22/22

PWMANIA

あわせて読みたい

【AEW】トップレスラーたちがCMパンクの団体復帰を阻んでいる?
PPV「ALL OUT」でケニー・オメガ&ヤング・バックスと大ケンカし、重鎮クリス・ジェリコから「お前は AEWのロッカールームの癌だ」と言われてしまったCMパンク。 彼は同僚たちから嫌われてしまい、仮に復帰したとして...
ドラゴン・リーのWWE入団を機に、AAAがWWEとの関係強化に乗り出す?
先日、ドラゴン・リーがWWEとの契約締結を発表しました。 地元メキシコの団体AAAのショーで、兄弟のドラリスティコとタッグを組んで FTRの持つAAA世界タッグ王座に挑戦した彼は、試合に勝利し、タイトルを獲得した後でWWEへの...

ランキング参加中。

人気ブログランキング

にほんブログ村

タイトルとURLをコピーしました