スポンサーリンク

【AEW】飲酒運転逮捕で欠場中のジェフ・ハーディー。兄マットとの復帰に向けた話し合いは「していない」

インタビュー

2022年に通算3度目の飲酒運転逮捕。ジェフ・ハーディーは相変わらずプライベートの問題が懸念される存在です。

AEWへの復帰条件は、「アルコールの問題を解決してシラフであり続けること」。逮捕から約9ヶ月…彼は長年に渡って抱え続けてきたこの問題を克服するべく、リハビリに励んでいます。

兄マットは、自身のPodcast番組の中で、ジェフの復帰に向けた話し合いをまだしていないことを明かしました。

話題にはなってない。復帰は実現するのか?多分ね。いや、もしかしたらその日は来ないかもな。俺にはわからない。今のところ、そういう話はまったくしていないよ。(飲酒運転の)裁判が終わったからといって、すぐにDynamiteへ戻ってくることはないだろう。

スターを復帰させるタイミングは大事です。彼が問題を克服してから、復帰に向けた議論が本格的に始まるのでしょう。

ちなみに、マットはジェフに対して「ムーブの変更」を求めており、これは2人がずっと議論し続けてきたことなのだそうです。

Wrestling Inc

あわせて読みたい

【AEW】トニー・カーン社長がエディ・キングストンの「AEWを辞める」発言にコメント。「引き続きプロレスに注目して。どこで何があるか…」
先日放送されたDynamiteで行われたラダーマッチの出場者にラインナップされたものの、オルティスとの乱闘の末に本戦には参加しなかったエディ・キングストン。 最近の彼はAEWについ...
【AEW】ケニー・オメガが副社長として働く大変さを語る。「試合のことだけ考えていた頃が懐かしい」
AEWの副社長として、さまざまな責任を負いながら活動しているケニー・オメガ。 業界屈指のアイデアマンで、プロレス界に新しい風を吹き込み続けた彼は、団体の上層部として全体を見渡して物...
タイトルとURLをコピーしました