スポンサーリンク

ダスティン・ローデスがWWEとAEWの試合の違いについて語る。「あの試合に30人のイエスマンたちはいなかった」

長年WWEでゴールダストとして活躍してきたダスティン・ローデスは、2019年に弟のCodyが中心となって創立された新団体AEWに移籍しました。旗揚げ興行”Double or Nothing”では2人のシングルマッチが行われ、歴史的な名勝負になりました。

長年のWWEでの活躍、そして新団体。ダスティンは、Cody戦を引き合いに出してWWEとAEWの試合の違いについて語りました。

あの試合には30人ものライターはいなかった。死を恐れるイエスマンたちはいなかったんだ。グループは小さかったよ。でも、魔法のような環境を作り出すにはそれで十分だったんだ。私が来た団体とは全く異なるグループとの仕事だったから、そこに居ることができて幸せだった。

AEW移籍後のダスティンは古巣を批判することが多い印象があります。彼はなんといってもダスティ・ローデスの息子ですから、そういう男がWWEを批判することはなかなかスリリングなことです。それでも、こういった発言によってファンが盛り上がり、AEWに一体感が生じるのであれば、やりすぎない程度に繰り返し続けてほしいですね。

(参考: SESCOOPS

あわせて読みたい

怪我で欠場中のWWEジェフ・ハーディが逮捕される
一体何があったんだ? 今年2月に復活したハーディ・ボーイズは、4月9日にSmackDownタッグ王座を獲得。タッグ戦線の中心に返り咲いたのですが、20日のハウスショーでジェフ・ハーディが怪我をしてしまったため、王座を返上せざるを得なく...
サーシャ・バンクスが来日&センダイガールズ訪問の理由を語る
今年のレッスルマニア35でWWE女子タッグ王座を失ってから一度もリングに上っていないサーシャ・バンクス。間もなく復帰するのではないかという噂が流れる中、プライベートで来日し、観光やプロレスラーとの交流、里村明衣子率いるセンダイガールズでのト...
元WWE・TJPが語る「WWEの何がレスラーの不満につながっているのか」
TJP。2016年にWWEが開催したクルーザーウェイト級クラシックトーナメントで優勝し、以後205LIVEやRAWで活動していた好レスラーです。2019年2月にWWEから解雇され、現在は古巣のインパクト・レスリングで活動しています。 ...
タイトルとURLをコピーしました