スポンサーリンク

【海外の反応】新日本プロレスとROHのMSG興行に期待する海外ファンたち。しかし、不満もあるようで……

日本時間4月7日にアメリカ・ニューヨークで開催される新日本プロレスとROHの合同興行”G1 Supercard”。いくつかのカードが発表され、その他のカードも概ね想像できる段階に入り、海外ファンは今から楽しみで仕方がないようです。ただ、不満もあるようで……。

この記事では、「確定カード、未発表だけど確実なカード、未発表カードのまとめ」と、海外ファンの議論を紹介します。(悪い意味で)一番注目を集めているのはあの人。

カード一覧

■確定カード

  1. IWGPヘビー級王座決定戦:ジェイ・ホワイト(c) VS NEW JAPAN CUP優勝者
  2. IWGPタッグ王座&ROH世界タッグ王座ダブルタイトルマッチ:ゲリラズ・オブ・デスティニー(タマ・トンガ&タンガ・ロア) VS Villain Enterprises(PCO & ブロディ・キング)
  3. IWGPジュニアヘビー級王座戦3-wayマッチ:石森太二(c) VS ドラゴン・リー VS バンディード
  4. Honor Rumble(ダークマッチ。ROH主催のロイヤルランブル)

■未発表だけど確実なカード

  1. ROH世界王座決定戦3-wayマッチ:ジェイ・リーサル(c) VS マーティ・スカル VS マット・テイヴェン
  2. NEVER無差別級王座&ROH世界TV王座ダブルタイトルマッチ:ウィル・オスプレイ VS ジェフ・コブ
  3. スペシャルシングルマッチ:ダルトン・キャッスル VS ルーシュ
  4. ニューヨーク・ストリートファイト:ブリー・レイ(ババ・レイ・ダッドリー) VS 未定

未発表カード

  1. IWGPインターコンチネンタル王座決定戦:内藤哲也(c) VS 飯伏幸太(多分)
  2. IWGP USヘビー級王座決定戦:ジュース・ロビンソン  or チェーズ・オーエンズ VS 未定
  3. WOH王座決定戦:岩谷麻優(c) VS 未定

海外ファンの反応

先日のROHの17周年興行の結果がカードに反映されているわけだけど……。なんで連中はタイトルに挑戦するバンディードをルーシュに負けさせたんだ?

※17周年興行でバンディードとルーシュがシングルマッチを行い、ルーシュが勝利。試合後、キャッスルがリングサイドに現れ、ルーシュにMSGでの対戦を要求しました。

デリリアスのひどいブッキングの世界へようこそ。
あのー、聞いていいかな?Honor RisingでGODとブリスコ・ブラザーズが抗争を始めたというのに、なんで彼らはベルトを落としたんだ?
君のところにもデリリアスの招待状が届いているはずだ……。
個人的には、ブリスコ・ブラザーズよりもVillain Enterprisesのほうがいい試合をできると思うんだ。でも、ストーリーライン的にはあり得ないタイトル陥落だよね。
本当にね。わけがわからない。GODとブリスコ・ブラザーズの試合を楽しみにしてたんだよ。彼らには共通点が多いし、それぞれの団体で重要な位置にいるチームなのに。
ブリー・レイがシングルマッチをやるってのは一体どういうことなんだよ!?

※現在47歳のブリー・レイは年に30試合程度しか出場しないパートタイマーなので、シングルマッチを行うことに不満を抱くファンが少なくないようです。

新日本とROHの興行だからだよ。彼はROHと契約してるからね。
ブリー・レイの試合を面白くする方法は一つ。鈴木みのるに電話をすることだ。

まとめ

ここではネガティブなリアクションを紹介しましたが、岩谷麻優のタイトルマッチに期待する人たち、内藤 VS 飯伏を待ちきれない人など、ポジティブな意見もありました。ただ、今はROH側のブッキングに文句を言いたい時期なのでしょう。

ブリー・レイのシングルマッチ決定には本当に驚きました。MSG周辺でのストリートファイトは危ない気がするんですが、どうなることやら。

タイトルとURLをコピーしました