スポンサーリンク

【AEW】PPVの開催数が大幅に増加する可能性が高いと報じられる。ワーナー・ブラザースが希望

ニュース

現在、AEWは1年に5つのPPVを開催しています。

春のDouble or Nothing、夏のALL OUT、秋のFull Gear、冬のRevolution。これに加え、初夏に新日本プロレスとの合同興行Forbidden Doorを開催しています。また、2023年は8月にイギリスで大規模興行All Inを開催します。

AEWは、トニー・カーン社長の方針として、他の大規模な団体とは異なり、PPVの開催数を絞っています。これにより、テレビ番組で行われる試合のクオリティが上がり、PPVに向けたストーリーを長期的に構築することができています。

しかし、この方針は変わっていくかもしれません。Fightfulによれば、AEWのテレビ番組を放送するテレビ局の親会社で、AEWにとって最も優先すべきビジネスパートナーであるワーナー・ブラザース・ディスカバリーは、AEWに対してPPVの開催数増加を望んでいるそうです。ワーナーの関係者曰く、「AEWのPPV開催数が大幅に増加する可能性が非常に高く、1ヶ月に1回開催される可能性もある」とのこと。

ここまで大幅にPPVの開催数が増えるとなると、クリエイティブへの取り組み方が変わってくるかもしれませんね。

(Fightful, WrestlingNews.co)

あわせて読みたい

飯伏幸太がAEW参戦!Golden Eliteが復活!Blood and Gutsに出場へ
ついにこの時がやってきました。 今日放送されたAEW・Dynamiteの中で、現地7月19日に行われるThe Elite(ケニー・オメガ&ヤング・バックス&ハングマン・ペイジ)と ...
【WWE】アンダーテイカーがブレイ・ワイアットの現在のキャラクターを語る。「試合を組むのが難しい。ワイアット・ファミリーの頃に戻れば金になる」
健康上の問題が原因で欠場中のブレイ・ワイアット。 彼はWWEでの活動を通して様々なキャラクターを演じ、それぞれにファンがたくさんいます。彼の個性がなければ実現しなかったであろうスト...
タイトルとURLをコピーしました